この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『英国首相、「終わりの時」が来たとロシアに警告』の和訳


Category: 世界大戦   Tags: ---
おおまにさん


http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-7268.html
もっと働く男さんのメール

太陽さん、千成さん ご無沙汰です。

和訳、9月17日(金)に送りましたが、段落ズレ等読み難い部分修正して、再送します。

September 12, 2011

British Leader Warns Russia ‘Time Of End’ Has Come

英国首相、「終わりの時」が来たとロシアに警告


By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers

The sobering details emerging from the rare and unexpected visit to Russia by Prime Minister David Cameron reveal that the British leader “warned” President Medvedev that the United States is “firmly intent” upon unleashing World War III and if not stopped warned the “time of end” has come to us all.
デーヴィット・キャメロンの英国首相としては異例且つ突然のロシア訪問から深刻な報告が詳細に渡って漏れ出るが、それで明らかになったことだが、英国首相がメドヴェージェフ大統領に対して、米国が第3次世界大戦を引き起こそうと「真剣に」動こうとしており、これを阻止せねば、「我々全てにとり終わりの時が来ている」と警告した。


According to this report, Cameron’s fears of the US throwing the entire world into the abyss of global warfare were accelerated this past spring after Libya discovered that the Obama regime allowed the American megabank Goldman Sachs to loot nearly $1.3 billion of its sovereign wealth fund (estimated at $65 billion) which has since “lined the pockets” of these bankster criminals who have, likewise, destroyed the United States economy too.
この報告によれば、合衆国が全世界を巻き込んで世界大戦という奈落の底に引きずり込もうとしていると恐れているキャメロン首相だが、オバマ政権が米国巨大銀行のゴールドマンサックスによる(総額650億ドルを有する)リビア政府系投資ファンドからの13億ドル強奪を許したことをリビア側が気付いた今年の春以降、彼の危惧は増々深刻となっている。

この強奪により銀行マフィアは私腹を肥やしたが、彼らは同様なことで米国経済を破壊したのだ。


In what they mistakenly believed would be a quick takedown of Libya’s government, Cameron continued, Obama ordered NATO air strikes upon this North African nation and allowed the CIA to rush thousands of Afghanistan terrorists to the region to topple Gaddafi in a war that has, so far, cost over 50,000 lives.
キャメロン首相は更に次の様に続けた。

オバマ政権と銀行マフィアはカダフィ政権を簡単に倒せると思い込んで、オバマはNATO軍によるリビアの空爆を命じ、カダフィ転覆の為、CIAによるアフガニスタン人のテロリスト数千名の急派を許可した。

結果、現在までに5万人以上の犠牲者が出ている。


What the Obama regime didn’t count on, Cameron says, was Gaddafi escaping with over $10 billion of Libya’s gold reserves which the Libyan leader has used to finance at least one rebel group that has led to even more chaotic violence as these factions have now turned on each other in a bloody killing spree to see who will gain ultimate victory.
オバマ政権にとって想定外であったが、カダフィは10億ドル相当の金を持ち出して逃げたのだ。

彼はこれまでこの資金力を使い、少なくとも一つの反乱軍組織に肩入れし、更なる混乱に乗じた暴力を誘発させ、最終覇者を巡る反乱軍同士の血生臭い殺し合いを生じさせている。


Cameron warns, however, that the worst aftermath of the Libyan War is yet to be realized as over 20,000 shoulder-fired anti-aircraft missiles belonging to the Gaddafi regime have been “dispersed” throughout the world and are currently “lying in wait” to unleash the worst terror attack in human history against the United States and its Western allies.
しかしながらキャメロン首相の警告は続く。

リビア内戦の最悪の結果はこれからだ。

と言うのもカダフィ政権が所有していた2万発もの携行地対空ミサイルが世界中に散らばり、米国とその味方の西側諸国を相手にした人類史上例を見ない最悪のテロ攻撃に使用されようとしているからである。


Even worse, Cameron asserted to Medvedev that the United States had “full knowledge” of these tens-of-thousands of Libyan anti-aircraft missiles flooding the world but refused all British and French Special Forces attempts to secure them as the Americans believe that only a global war of “historic proportions” is able to stop their nation from complete disintegration.
更に悪い事にはと、キャメロン首相はメドヴェージェフに言った。

米国はリビアの持っていた2万発もの携行地対空ミサイルが世界中にばら撒かれている事態を「充分掌握」しており、事もあろうに英国とフランスの特殊部隊による回収作戦をことごとく拒絶したのである。

なぜなら米国側は「人類史上稀にみる規模」の世界大戦が起こらない限り自国が根底から瓦解する事態を免れる事ができないと信じているからだ。


Cameron further warned Medvedev that Gaddafi has poured millions-of-dollars into his vast spy network in Egypt that has now been “activated” and is blamed for the catastrophic attack on Israel’s embassy in Cairo that caused the Israeli ambassador and his staff to flee that Middle Eastern country.
カダフィは今まで何百万ドルもの資金をエジプト内の彼の広範囲に渡るスパイ網に投入してきており、現在それが「活動を開始している」。

彼らの仕業と言われるカイロ市内のイスラエル大使館に対する大規模な攻撃が起き、イスラエル大使と大使館員は同国から逃げ出さざるを得なかった。


Worse still for the West, Cameron continues, is the “unstoppable rage” of Prime Minister Recep Tayyip Erdo?an over the Obama regimes toppling of Gaddafi who was one of the Turkish leaders “best friends” in the Middle East and who just this past December bestowed upon Erdo?an the Al-Gaddafi International Prize for Human Rights for his “distinguished service to humanity.”
西側に取って更に悪い事にトルコ首相のレジェップ・タイイップ・エルドアンがカダフィを倒したオバマ政権に対して「手が付けられない程激怒」しているのだ。

エルドアンに取ってはカダフィは中東地域での「盟友」の1人であり、彼は昨年12月エルドアンの「顕著な人権擁護活動」を賞しアルカダフィ国際人権擁護賞を与えていた。


Russian intelligence addendums to these reports state that Erdo?an’s “rage” against the Obama regime is behind his targeting Israel by halting all trade and defense ties to the Jewish state, ordering Turkey’s ambassador to leave Israel, warning of more sanctions to come, and threatening all out war on Cypress.
ロシア情報部の追記ではオバマ政権に対するエルドガンの「激怒」がイスラエルとの全ての通商及び防衛産業関連の取引の停止、トルコ大使のイスラエルからの召還、更なる制裁警告、キプロスとの全面戦争という威嚇等一連の行動の背後に潜んでいると報告されている。


Israel ’s response to Erdo?an’s “rage” was a threat to support the Kurdish rebels currently attacking Turkey and which drew a sharp rebuke from Turkish Foreign Minister Ahmed Davutoglu who warned the Jewish state, “No one will be able to blackmail us.” As both Turkey and Iran are said to be in their 'final showdown' with Kurdish rebels operating out of Northern Iraq, it is important to note that Israeli forces have been working to help establish a separate Kurd state in an attempt to further fracture the Iraqi government to keep it from becoming more powerful than it is already growing.
エルドガンの「激怒」に対する反応としてイスラレルは現在トルコに攻撃を仕掛けてきているクルド人反乱分子の支持を威嚇として使ったが、これに対しトルコのアフメト・ダウトオール外相は激しく反発し「何人も我々を脅すことはできない」とイスラエルを警告した。

トルコとイランはイラク北部で活動中のクルド人反乱軍との「最終対決」に入っていると言われているが、ここで大事なことはイスラレル軍はクルド人の独立国設立に手を貸してきている事だ。

イスラエルとしてはイラク政府を分裂させ、国力を増しつつあるイラクに歯止めをかけたいのだ。


Important to note is that all of the events now occurring in the Middle East that are pushing our world to the brink of all-out war has long been known about, and as evidenced in our 23 October 2007 report Turkey Requests ‘Urgent’ Iran Military Aid As Syria Warns To Prepare For War wherein we warned of the United States “master plan” to redraw the entire borders of this region along what the Americans call “according to the situation of the ethnic minorities.”
注目して欲しいことは、我々を全面戦争間際まで追い込もうとしているこうした中東での一連の出来事は以前から知られていることであるし、我々の2007年10月23日付けレポート「トルコ、イラン軍援助緊急要請」で我々が警告した様に、米国は民族単位での状況に合わせた中東地域での全面的な国境線の書き換えをする「マスタープラン」をすでに作成済みと言うことである。


This “master plan” to redraw the borders of the Middle East, according to the Armed Forces Journal, published in the United States , says that: “The Kurds of Syria and Iran as well as Turkey “would rush to join an independent Kurdistan if they could” and the refusal by the world's legitimate democracies to champion Kurdish independence was a human-rights sin, Peters claimed. Iraq would be divided into three smaller states as Sunni Iraq, an Arab-Shia State and Kurdistan. Jordan would retain its current territory, with some southward expansion at Saudi Arabia’s expense. Saudi Arabia's coastal oil fields would be given to the Shia state to be established with the dissolution of Iraq and the southeastern quadrant would go to Yemen. Iran would lose a great deal of territory to Unified Azerbaijan, Free Kurdistan, the Arab Shia State and Free Baluchistan, but would gain the provinces around Herat in today's Afghanistan. Following these changes, Iran would become an ethnic Persian state again. Kuwait would remain within its current borders, as would Oman.”
米国で発行された「Armed Forces Journal」によると中東地域での全面的な国境線の書き換えをする「マスタープラン」とは:

「もし可能なら、シリア、イランそしてトルコに住むクルド人は結集してクルド人による独立国家をたてるであろう。 」

もし世界の民主主義国家がこのクルド人の独立を認めないというのなら重大な人権侵害である・・・

イラクは3分割して、スンニー派イラク、シーア派イラク クルドの3国家とする。

ヨルダンは現状領土に一部サウジから割譲した土地を加える。

サウジの海岸地帯の油田はイラクを解体して作ったシーア派イラクに分け与える。

サウジ南東部4分の1はイエメンに付ける。

イランは大部分の領土を統一アゼルバイジャン、シーア派イラク、自由クルド、自由バルキスタンに割譲されるが、アフガニスタンのへラート周辺の州を得る。

この結果、イランはペルシャ民族国家となる。

クウェート、オマーンは現状通りの国境で変更無し。


Unbeknownst to the American people about their governments plan to carve up the Middle East was that it was accidently revealed in 2006 when a map showing the “new countries” to be made by the West was seen by Turkish military officers during a meeting at NATO’s Defense College in Rome and has given all of countries to be affected nearly 5 years to prepare for what is happening today.
自国政府による中東地域での全面的な国境線の書き換え計画に関連してアメリカ国民が知る由も無い出来事とではあったが、偶然にも2006年にローマのNATO防衛大学での会合でトルコ軍将校が西側による樹立予定の「新国家」を示した地図を見つけたことで当計画が明るみに出た。

関係する国々は現在起きていることに準備して置くべく5年近くの猶予を与えられていた。


Though these people of the West are being fed propaganda leading them to believe that all of the events happening in the Middle East are due to oppressed people protesting for democracy they couldn’t be more mistaken as the truth is that all of the nations of this region have been preparing for years to “suddenly unite” in a massive war against the United States to throw off its oppressive yoke forever.
西側の人々はデマ報道に誘導され中東で起きていている一連の出来事は民主主義を求める抑圧された民衆によるものと信じているが、これはとんでもない誤解で、真実はこの地域の全ての国々は何年にも渡って準備をしてきており米国による支配から永久に開放されるべく「突然のように一枚岩」になって米国と大戦争を繰り広げようとしている。

 
Most interesting to note about all of these events is how eerily they match the predictions of the Greek Orthodox seer known as Monk Joseph the Athonite Protector of the Greek Air Force who through his visions have warned:
一連の出来事に関連して注目すべきなのは、これら出来事とギリシャ正教会の預言者、アトス山修道院系でギリシャ空軍の守護者ジョセフ修道士の予言内容が気味悪い程一致していることである。

同修道士が見た啓示から次のよう警告を発している:


- The Third World War will start with the conflict between Turkey and Greece.
第三次世界大戦はトルコとギリシャの紛争から発展する


- Jewish masons who are rulers over USA and European Union will force Turkish people into the war against Greece.
ユダヤ系フリーメーソンは米国とEUの支配者であるが、トルコ人を強引にギリシャとの戦争に突入させる


- In spite of Greek tremendous courage and resistance, Turkish attack will be devastating. Lots of Greeks and lots of their Russian and Serbian brothers in Christ who will volunteer to help Greeks will be dead.
ギリシャ人の凄まじい勇気と抵抗にも拘らず、トルコ軍の攻撃が圧倒するだろう。

多数のギリシャ人が死に、ロシア人、セルビア人キリスト教徒もギリシャを助けようとしてしぬだろう。


- Turkey will charge deep inside Greece and will concu(conquest?)the most of the Greek territory.
トルコはギリシャ国内深く侵攻し、ギリシャ領土の大部分を征服するでしょう。


- At the beginning, NATO and USA will not interfere into this conflict directly, but will give silent support for everything Turks do instead.
当初はNATOも米国も当紛争に直接介入はしないが、トルコ側の行動については全て黙認する。


-The time will come that the world will think Greek people will vanish.
ギリシャ人が殲滅されるだろうと世界が思う日が来るだろう。


-A moment before it will be almost certain to happen, mighty Russia opens its cards in protection of Greek people and Orthodox Christianity. This takes everyone by surprise. Russian nukes are launched to Turkey.
その日が本当に来ることがほぼ確実になった時、強力なロシアがギリシャ民族と正教会の保護に乗り出す。

誰もが予想できない展開である。

ロシアより核ミサイルがトルコに打ち込まれる。


-Darkness is covering Balkan peninsula and Near East. The World we know cease to exist again.
バルカン半島近東は暗黒に包まれる。

もはや我々の知っている世界は存在しない。


-At this point USA and EU join Turkey (or what's left of it) and declare global war against Russia and Greece.
この時点で米国とEUがトルコ(と言うかトルコの残骸)に加わりロシアギリシャに世界大戦を布告する。


-Vatican and the Holy Chair will announce Holy War against "schismatic" Orthodoxy.  
ローマ教皇は教会分離論者の正教会に対し聖戦を布告する。

 
The war will be horrible. Burning people will fall from the sky.  
戦争はおぞましいものになるだろう。

火に包まれた人々が空から降ってくるだろう。


- USA will suffer terrible defeat and will "blow up like balloon" (for whatever it means).    
米国は惨敗することになり、風船ように破裂するだろう。


- Roman Catholic Church will never be able to return back to the positions it has today. Not even close. Its influence will be next to nothing
ローマカソリック教会は今日の姿には決して戻れないだろう。

全く及びもつかない存在となろう。

その影響力は無に等しい。


- Russians will enter Constantinople, establish their own governor, but will give it all to Greeks later on green table.
ロシア人はコンスタンチノープルに入り彼ら自身で支配者を置くが、後に全てをギリシャ人に任せる。


- Greeks will hesitate to accept new territories at the start, but will accept them later and will rule over what used to be Turkish capital. Greeks will return to Constantinopolis 600 years after leaving it, as monk said.
ギリシャ人は最初は新しい領土の支配に躊躇するが、後に受け入れ、かつてはトルコ人の首都であった所を支配するだろう。

ギリシャ人は去ってから600年後にコンスタンチノープルに帰ってくるだろう。


- One third of Turks will lose their lives, one third will accept Orthodox Christianity and one third will move to live in "some deserts".
トルコ人の3分の1は死に、3分の1は正教徒になり、残りは砂漠に住むことになろう。


- Armenia will get its lands back.
アルメニアは領土を取り返すであろう。


- Kurd people will establish their own country.
クルド人は自分の国を作るだろう。


This prophecy bears notice if for nothing more than its matching likewise ones by Russian intelligence sources warning that the massive gas fields discovered in the Eastern Mediterranean, and claimed by Turkey, Israel, Cyprus, Greece, Lebanon and Egypt, can, indeed, be the “spark” to ignite a global war as whomever ultimately claims it will be assured of energy security for the rest of this century.
この予言は注目に値する。

ロシア情報筋の報告内容と単に似通っているだけとしても、東地中海で発見された莫大な埋蔵量を誇るガス田をトルコ、イスラエル、キプロス、ギリシャ、レバノン、エジプトが取り合いをしており、誰が所有者になろうと、今世紀中のエネルギーが保障されるのであるから、これの奪い合いが発端となって世界大戦へとなりえるからだ。


Known as the “Leviathan Gas Field” the discovery in 2010 of this massive gas field is said to be the largest of its kind in nearly all of human history, and with Israel and Greece just having signed a new security agreement to come to each others aid in time of war, it now appears that the Jewish state has now sided with Orthodox Christians against the apostates of the West who even as these words are being written are preparing to destroy the Greek nation as their appetite for the few remaining energy riches our world has left to offer feed a blood-lust nearly unparalleled in all of human history. To if the British leaders warning today that the “time of end” has come, or if Monk Joseph’s grim visions will come true it is not in our knowing. What is in our knowing, though, is that the world we live in today has become dangerous to the point of anyone with “ears to hear” and “eyes to see” should begin their preparations in earnest for the even more terrible tragedies soon to come.
「リバイアサンガス田」という名で知られているが、2010年に発見されたこのガス田は人類史上最大のガス田と言われており、すでにイスラエルとギリシャの間では戦争時での相互の安全保障で合意をしているが、イスラエルは今や正教徒クリスチャンと手を組み西側の背教者と戦おうとしているようだ。

この西側諸国(米国、EU)は今の瞬間にもギリシャを餌食にし、史上例を見ない血に飢えた欲望を満たそうと世界に殆ど残されてない貴重なこの資源を自分たちの物にすべく躍起になっている。

英国首相の終わりの時が来たという警告が、またジョセフ修道士の予言が現実の物となるか否かは我々には分らない。

我々が分るのは今日我々の住む世界が極めて危険な状態に来ており「聞く耳」そして「見る目」を持つ者はもうじき来る更に恐ろしい悲劇に備えて真剣に準備を始めるべきということである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
千成のメール

もっと働く男さん、「終わりの時が来ました」と英国のキャメロン首相がロシアに警告するためロシアのプーチン大統領を突然訪問! の和訳 を9月17日にも送ってくださっていたのですかぁ。

送っていただいたのに、せっかくのメールを見落としていたのか、メーラーのわたしが普段開かないフォルダに分類されてしまっていたようです。

内容を分かりやすくするために二回も書き直しをしていただいたとのこと。

すばらしい和訳のおかげでこの内容があまりにも重要だと再確認できました。

日本ではカダフィはとんでもない悪人のように報道されていますが、事実は違うようですね。

そしてジョセフ修道士の予言内容は強烈ですね。

トルコがギリシャに攻め込んだ結果、どのように第三次世界大戦に発展していくかが詳細に予言されていますね。

米国は第三次世界大戦を起こさないと経済破綻を救う方法が無いとのこと。

ただ、【ソルチャ ファールから彼女の西側の購読者へ】への情報で、この予言が広まってしまったことと、英国のキャメロン首相が第三次世界大戦の勃発を防止しようと奔走されていることで、未来は少し修正されるのかもですね。

米国が第三次世界大戦を誘発することを思いとどまってくれるといいのですが!

スポンサーサイト

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。