この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界各地に響き渡る不気味な音「アポカリプティックサウンド - 終末の音 - 」


Category: アポカリプティックサウンド   Tags: ---
皆さん、アポカリプティックサウンドってご存知ですか?2010年ごろ
(もっと以前でしょうが)から、ベラルーシ、フロリダ、ミシガン、
ニュージャージー、ノースバーゲン、ビクトリアBC、アルクマール、
メリーランド、スカンジナビアなどで、発生している不気味な音です。
世界の終末を告げる音と言われているこの音は、だんだんとその範囲を
広げ、今では、世界中で聞こえるようです。
あまりにも大きな音であるため、工事現場とか解体工事の音に間違える
人もいるようですが・・・
このハウリングのような音は、近年世界各国で聞かれると報告が相次いで
いるそうで、音の正体はわからな
いようです。地球がポールシフトする前には、この音がするとか、
地球自体の磁場(北極がSで、南極がN)が、弱くなるとこの音がする
とか、大きな物体が移動するとこの音がするとか(宇宙戦争みたいに)、
気圧が急激に変動したことにより地下空間の何かが共鳴しているのでは
ないかとか、また、地下には巨大な穴があり、それが笛のような役割を
果たしているのではないかなど、いろいろな見解があるようで。

以下は、井口博士のブログです。
--------------------------------------------------------------------------------------------
A Happy New Mystery ! : 世界に広がる“奇妙な謎の大音響”!
井口博士

みなさん、こんにちは。

昨年、北米大陸全般にわたり地下から奇妙な音が聞こえるという、にわかには信じ難い現象が起きた。
世界中で聞こえる「奇妙な音」とは??:何やらだれかが地下で作業中か?
その後、それはイルミナティーNWOが永年にわたって作り上げた秘密の地下基地が何ものかのよって核爆発させられた結果、地下基地のベンチレーション(空調設備)のために生じた大音響だったということになった。

謎の奇妙な音の原因が判明!?:MJ12-NWOの地下基地が2発の核攻撃を受けた!

デービッド・アイクによれば、あれほどまでにメディアで得意満面で出演しまくっていた、地球温暖化詐欺師のアル・ゴア元米副大統領は、「秘密地下基地にいたせいかなにかで吹っ飛ばされて死んだのではないか、アルよ、御愁傷様」というイギリスのブラックユーモアまで飛び出した始末であった。

ところが、今年に入ってもその”謎の大音響”は止まるところを知らない。今度はより広範囲の世界中で聞こえるようになったというのである。以下のものである。


カナダ、アルバータ
Strange sounds in Conklin, Alberta Jan. 12/2012


ニュージーランド
Eerie earth sounds New Zealand ?


ハンガリー、ブダペスト
MORE STRANGE SOUNDS FROM BUDAPEST HUNGARY January 11th 2012


チェコ


いったいこのハウリングのような音は何なのだろうか?

これに一番似ているものといえば、やはりこれだろう。



やっぱりスピルバーグは”あっち側”の人なんでしょうか? 困ったものである。

こちらもご参照を・・・

スポンサーサイト

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。