この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンバー上空にグータンUFOが大量飛来!?


Category: UFO   Tags: ---
WEEKIY WORLD NEWS さん
ufo_denverx_m.jpg
ついに白昼堂々と飛来開始し始めたグータン星人のUFO。超科学を誇るジーバ星人の防御網も、彼らのゲリラ出没の前にはなす術がないということだろうか?

UPDATE 2012/11/29
コロラド州・デンバー

 ウィークリーワールドニュースの予測が、ついに現実となってしまった…。10月31日付けのニュースで、我々はグータン星人のUFOが11月中に大量飛来することを予測していた。そしてその外れて欲しかった予測は残念ながら的中することとなってしまったのだ。
 11月16日、米コロラド州のデンバー上空を高速で飛び回るUFO(未確認飛行物体)が目撃され、デンバーのニュース局がこの物体の映像を撮影することに成功したと、アメリカCNNが伝えている。
 謎の物体は当初地元の男性が発見し、ビデオカメラでデンバー上空を飛び回る様子が撮影されている。謎の飛行物体は正午~午後1時ごろにかけ、1週間のうちに少なくとも数回出没していたという。
 CNNは、この男性の証言に基づき同じ場所にカメラを設置。そして、証言通り謎の物体を撮影することに成功している。
 元パイロットで米連邦航空局(FAA)顧問も務める航空専門家のスティーブ・カウェル氏は、この映像を見て「とても奇妙だ。航空機でもなく、ヘリコプターでも鳥でもない」と語っている。
 これほど高速に飛行できる航空機は存在しないと言い、専門的見解としてはUFO(未確認飛行物体)としか言いようがないとした。
 しかし、コロラド州をはじめ全米の空を監視しているFAAは、そのような物体について管制塔からの報告も、レーダーに映ったこともないとしている。ビデオには映るがレーダーには反応しない…。これは一体どういう現象だろう?
 実は同様の報告はデンバーだけではない。ケンタッキー州上空でも、謎の巨大物体が出現、撮影に成功したと報告されている。
 このように、今年に入り全米でのUFO目撃事件は激増している。しかもCNNの報道例に見られる様に、従来隠密的に深夜飛来するUFO事件が多かったのに対し、白昼堂々と出現するケースが増えている。この現象に対しアメリカUFO現象を永年追い続けるテレパシー能力者アレン・ホワイト氏は強く警告している。
「ついにグータン星人が本格的に侵略に動き出したのだ。グータンがやってくる!」
 アレン氏が警鐘を鳴らすグータン星人とは宇宙最凶の昆虫型宇宙人種族のこと。現在世界各国のエイリアン研究家が最も恐れる、宇宙のイナゴともいえる雑食性の移動型エイリアンだ。この大量のUFO目撃現象こそが、彼らの襲来の証拠であるということか?
「1950年代以降、地球の空はジーバ星人が実行支配している。我々人類との共存を約束した上でね。しかし今年に入り、地球のものでもジーバンの物でもないUFOが白昼堂々と飛び交うようになってきた。こんなことは、今まであり得なかった。というより、こんなことができる力を持つのは、宇宙広しといえグータン星人だけだ。実に恐ろしい…」
 アレン氏が恐れるのも無理はない。知的生物型エイリアンであるジーバ星人とは、人類は米政府を地球代表として1950年代に共存協定を結んでいる。しかし、昆虫型エイリアンであるグータン星人が相手では協定どころか交渉の余地すら無い…。彼らにあるのは生存本能に基づく、ひたすら食べるという作業と、繁殖し増殖し続けるという作業だけだ。これに適した場所をもとめて宇宙を渡り歩いているという、まさに宇宙のイナゴと呼ぶに相応しい、人類にとって最凶な種族だ。
「ジーバンは協定に基づき人類を絶滅から救おうとするだろう。しかしグータンは手強い。しかも圧倒的な数で攻めてくるだろう。いかにジーバンの科学力が我々を超越するハイパーなものであっても、守り抜くのは至難の業だ…」
 グータン星人は親米派エイリアンのジーバ星人の目を逃れる為に、中国を中心に地球侵略の足場を整え、ついにジーバンの本丸ともいえるアメリカ本土まで飛来するようになったのだという。これが事実なら、ジーバンの鉄壁の防御網が崩れ始めたのかもしれない…。
「外骨格の昆虫型生物であるグータン星人が、地球製のレーダーに映らないのは当然だよ。我々知的生物が空を飛ぶには機械の助けが必要だ。しかし彼らには生まれながらの飛行能力がある。彼らは、生まれながらのハンターなんだ」
 本当に巨大な昆虫型宇宙人が存在すれば、それは人類が宇宙で生き残る為の最大最強の敵となるのは間違いない。現在のところ地球に急速接近中といわれるグータン星人の3機の母艦の太陽系圏への到着は確認されていない。彼らとの全面的な遭遇だけは避けたい…。WWNは、引き続き24時間態勢でグータン星人関連の情報を全人類に向かって発信すし続ける予定だ。
ufo_denver.jpg


スポンサーサイト

ロシア首相:地球外生命体が我々の中にいる


Category: UFO   Tags: ---
ROCKWAY EXPRESSさん

6cd3012d.jpg
地球外生命体の存在を肯定するロシアのメドベージェフ首相

◆1月7日

 まだ正月のお屠蘇気分が抜けない中で、今回は再び「トンデモ」話を紹介したい。ロシアのメドベージェフ首相が記者の質問に答える形で、地球外生命体の地球訪問と地球在住について肯定的な内容のコメントをした、と言うものだ。

 そのコメントの中で、ハリウッド映画の「メン・イン・ブラック」はある程度の事実に基づいたものだ、という発言もあるようだ。欧米その他の国の中にはこの地球外生命体の存在に関するまじめな研究が政府レベルでなされているところもあるが、日本ではどうもまじめに取り上げるところまでは行っていないようである。

 マヤの暦では2012年の12月21日冬至の日に地球が滅びるようなことを言ってきた人々もいたが、それはご覧のように起きていない。しかし、では全くのでたらめかというとそうでもなく、その日以降、大きな変化が地球に訪れる、ということが実際のところのようだ。

 このROCKWAY EXPRESSでは、昨年の12月3日号「伊勢白山道の指摘する国難と地球大激変」でも示したように、地球外生命体の存在は否定しない。ただその存在様相が肉体的なものか、地球人から見て、霊的なレベルか、という問題はある。これは同時に龍や天狗の存在も否定しないことと同じことである。龍や天狗も存在しているが、通常人にはなかなか見ることができないだけである。

 そしてこれからの時代には、これらの存在が徐々に地球人の目にも明らかになってくるものと考えている。従って以下のロシアのメドベージェフ首相のコメントも、新しい時代の到来を示唆するものと認識したいし、同時に伊勢白山道の指摘内容が正しいものだという示唆にもなるものと認識する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシア首相:地球外生命体が我々の中にいる
http://exopolitics.org/?p=732
【12月8日 Dr Michael Salla 】

 去年の12月7日(金)、ロシアのメドベージェフ首相はマイクがまだ入っている状態で記者団を前にオフ・エアで、驚くべきコメントをなした。大統領職についていた時、何か地球外生命体に関する件で秘密のファイルなどがあることを知らされたかと問いかけられた。彼の回答は、地球外生命体が地球を訪問していることだけでなく、地球に住んでいる者たちもいる、ということを知らされた、というものだった。
 
 彼は更に、ハリウッド映画の「メン・イン・ブラック」は事実を元に作成されたものだと語った。彼の回答はオフ・エアの際のおふざけの回答の感を免れないが、それでも幾分かの真実が含まれているのではないかという疑問が出てくる。オフ・エアでなされ彼自身もマイクがまだ切られていないということを知らなかったわけだから、その彼の言葉は額面どおりに、地球外生命体がこの地球を訪問しているだけでなく我々の間に住んでいる、という主張に対して信頼性を与えていると言えるだろう。

 五つのテレビ局とのインタビューを終えてから、メドベージェフ首相は記者からの質問に対し、マイクがまだ切られていないことを知らないでオフ・エアのコメントを発した。彼のオフ・エアのコメントは、当局が公共の自由に対する締め付けを強めている政治的な最近の動きに比べればかなりフランクなものであった。そこで彼は記者の一人に、「大統領として、ロシアの核を使用する際に必要なブリーフケースを受け取った際に、地球外生命体に関する秘密のファイルを渡されたかどうか」と質問されたのだ。メドベージェフは以下のように回答した。

 「核のコードと共にブリーフケースを受け取った際、ロシアの大統領は『トップシークレット』のファイルを渡される。このファイルの中味は地球を訪問したエイリアンに関するものだ・・・これと共に、ロシアにおけるエイリアンをコントロールする作業を行っている極秘の特殊部隊の報告書が渡される。この件でのより詳細な情報は、良く知られている映画である、メン・イン・ブラックで示されている。何人くらいのエイリアンが我々の間に住んでいるかは、パニックになるから言えない」

 メドベージェフのコメントは、地球外生命体についてテレビのインタビューでロシアの高官が語った最初のものではない。2010年5月に放映された特別インタビューで、カルムイキア共和国のキルサン・イリュムジノフ知事は、1997年に自分のアパートから地球外生命体の乗り物に連れて行かれたと語っていた。彼は自分が会った地球外生命体はヒューマノイドで、船内を案内してくれ、またほかの世界に連れて行ってくれた、と主張した。

 地球外生命体が我々の世界を訪問しているばかりでなく、我々と共に住んでいる、という主張は昔から成されていた。アミシツィア(友人関係)というイタリアの書物は、1956年から1978年までの22年間に公務員を含む100人以上の人々が地球外生命体に遭ったことを明かしている。重要なのは、これら地球外生命体はNATO当局によって秘密裏にモニターされていたことだ。アミシツィアの場合は、もし本当なら、メン・イン・ブラックの中で示されているような、地球外生命体をモニターする秘密部隊というものが、事実に基づくものだということを示唆していることになる。確かに、メドベージェフ首相は、そのような「秘密特殊部隊」が存在していると考えているように思える。

 記者の質問に対しメドベージェフがおふざけで回答したという事は言えるが、全体的なオフ・エアの回答内容は、彼が地球外生命体に関する件を含めてトピックの全体に意欲的に回答していることが見て取れる。メドベージェフのフランクなオフ・エアのコメントを分析すればもっともらしい否定の思いが出てくるのは確かだ。これは、メドベージェフのコメントはロシア国民に向かって、当局は地球外生命体が我々の間に住んでいるということを世界に向かって公式に発表することはまだ出来ない、ということを前もって示すことを狙ったものである、という可能性を示している。
(転載終了)

新年明けましておめでとうございます。昨年は、あまり情報をお伝えすることが
できませんでしたが、今年は、がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

火星無人探査機「キュリオティシー(好奇心)」に好奇心を感じるUFOたち!?


Category: UFO   Tags: ---
井口博士のブログより
みなさん、こんにちは。

アメリカのオバマ大統領が、NASAのキュリオシティー(好奇心)の火星着陸に対して、「もし火星人を見つけたら教えて」というジョークを飛ばしたという。
--------------------------------------------------------------------
「火星人いたら知らせて」 オバマ米大統領、無人探査車のNASAにジョーク
e0171614_1034119.jpg
米オバマ大統領が13日、無人探査車「キュリオシティー」を火星に着陸させた米航空宇宙局(NASA)のチームに電話し、「今回の成果が将来の火星有人飛行に向けた準備に役立つと期待している」と激励した。オバマ氏は「もし火星人とコンタクトできたらすぐに知らせてほしい。これは最優先事項だよ」とジョークを飛ばした。
 専用機からの電話でオバマ氏は「完璧な着陸だった。世界中の人の注目を集め、想像力を刺激した」と称賛。「将来は自分が火星に行きたいと思う子供たちが出るかもしれない」と話した。プロジェクトを支援した日本など各国への謝意も述べた。
 オバマ氏はNASAが抱える予算面の不安に配慮してか「重要な科学技術分野への投資は続けると約束する」と言明した。(共同)
--------------------------------------------------------------------
アンディー君こと、アンディー・バシアゴ博士によれば、
Mars visitors Basiago and Stillings confirm Barack Obama traveled to Marsアンディー君と若き日のバリー・ソエトロ君(オバマの本名)は、アメリカの秘密組織のスターゲートのジャンプルームからほんの数分で火星へジャンプしたという。だから、この話が実話であれば、オバマ大統領はその頃のことを覚えているはずであるという。オバマ大統領はその時の記憶を巧妙に消されているのかもしれないというが、いつか蘇ることもあるはずである。
このあたりの話をモデルにしていると思われるものが、シュワルツェネッガーの「トータル・リコール」



である。

さて、そんなキュリオティシーであるが、一番最初に送られて来た(なんと今時)「白黒映像」にUFOが飛んでいた。その後送られて来たカラー映像にもUFOが映っていたという。以下のものである。


4 UFOs Caught By Mars Curiosity?
e0171614_109820.jpg


UFOTV® Presents : MISSION TO MARS: The Red Planet


Weird Anomolies Captured By Mars Curiosity 2012 HD

火星の先住民もまた地球からきた好奇心に好奇心を持っているようですナ。



謎の天体「エレニン」:彗星エレニンは人工物体か自然現象か?


Category: UFO   Tags: ---
井口博士のブログ
みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。今日はまた台風12号によるリアル風雲の急を告げているはずである。
雨風や台風の暴風雨の度に、福島原発が猛烈な放射能水蒸気をまき散らす。台風の風は左巻きだから、
朝鮮半島人(台湾人が見た終戦直後の朝鮮人 台湾人SAI KONSAN)も放射能で壊滅してくれることだろう。

さて、しばらく前に彗星エレニンのことをメモしておいた:
「エレーニンは絶滅規模の事象となる」:彗星エレニンのすべてが、その中にこんな一節がある。
-----------------------------------------------------------------------------------------
Russian Warning Issued Over “Controlled” Comet Headed Towards Earth (March)
「制御された」彗星が地球へ向かっている事に関して、ロシア政府は警告を発している(3月)

ロシア防衛相セルジュコフが作成した、メドベージェフ大統領への恐ろしい報告によると、モスクワにある追加の5,000の地下「爆弾」シェルターが、たとえそれが進展しているとはいえ、エレーニン彗星が太陽系に現れたのは、2012年のタイムラインの終了までに、「追加的な手段」が「速やかに」加えられる必要があるとしている。

恐れをなしたセルジュコフによると、エレーニン彗星の新たな軌道計算を基にすると、天体はある種の「知的制御」が行われており、当初この秋に近付くと考えられているより、地球に「さらに接近」するという「全ての公算」が示されているという。
有名な内部告発サイトのProject Camelotによる、最近のオンライン会議
PROJECT CAMELOT: PREVIEW VIDEO CONF BY KEITH HUNTER
に参加した多くのプレゼンターによると、エレーニン彗星は近付いてくる宇宙船、或いは知的制御された物体であるという。幾人かのプレゼンターは、マヤ暦の終わりと一致する特別な惑星及び社会変動の時に、エレーニンが太陽と地球に最も接近する事に同意している。多くの匿名の内部告発者は、エレーニンが人工的に制御された物体で、広まる太陽系の惑星間の変動に関わっているという事への支持を表明している。会議は、エレーニン彗星を取り巻く幾つかの謎を解き始め、専門家の意見と告発者の証言が、その人工的なデザインと軌道の意味を述べている事を明かしている。驚くべき怠慢により、会議の主催者はエレーニンの地震効果が地球に及ぼす影響を述べた、目新しい科学資料を編纂していなかった。見落とされた科学データと、会議の議事録を合わせて洞察すると、ある驚くべき結論が示される。エレーニン彗星は、1隻かそれ以上の恒星間宇宙船が地球へ向かって航行している事を暗示する、強力な重力分裂テクノロジーを生成している。要するに、「彗星エレニン」は単なる自然天体ではない、ということである。

実は、これと似たことは、ずっと前に起こったと言われている。
故ウィリアム・ミルトン・クーパーの1989年の暴露講演
ウィリアム・クーパー講演パート3:アイゼンハワーの第三種接近遭遇
ウィリアム・クーパー講演パート4:米政府と宇宙人の密約によれば、こうある。
--------------------------------------------------------------------------------------
1953年にはまた天文学者たちが大きな物体を宇宙で発見しました。それは地球に向っていました。最初はそれが隕石群と信じられました。もし皆さんが天文学についてよくご存知であれば、皆さんが軌道を予測したり、その物体の軌道をさかのぼって行き、それがどこから来たか、何をしているのか、どちらに向って行くか、その軌道が本当にどういうものかなどを決定できることをご存知だと思います。まあ、それは痛み走って真っ青になるものでした。その証拠が証明したのは、その物体群は知性体が運転する宇宙船か何かであるということでした。

プロジェクトシグマは、宇宙人のラジオコミュニケーションを妨害するというものでした。その物体群は地球に近づいた時、それらは赤道の周りの非常に高い軌道を取りました。いくつかの非常に巨大な宇宙船がありましたが、正体は分かりませんでした。

プロジェクトシグマと新しいプロジェクトプラトン(Plato)は、コンピューターの2進数言語(これは宇宙人が非常に良く理解し、宇宙人の数学的心にうってつけのものでした)を使ってラジオコミュニケーションを通じたものしたが、(宇宙人の)着陸を計画することに成功しました。それはついに他の惑星からの宇宙人との面と向って(フェイス・トゥー・フェイス)の接触をもたらしました。プロジェクトプラトン(Plato)は、この宇宙人種族との外交的関係を結ぶことが仕事でした。

しかし、その間に何かが起こりました。その間に、”人間と瓜二つ”の宇宙人種族がアメリカ合衆国政府に接触しました。どこでそれが起こったのか? 私は知りません。私はそれを知りたいものです。

この宇宙人のグループは、赤道を回っていた宇宙人に対していぶかしがっていました。そして、我々のスピリチュアルな(霊性的な)発達を助けたがっていました。彼らは最重要条件として我々の核兵器を破壊することを要求したのであります。彼らは我々が技術交換をすることを拒否しました。それは、我々が持つ核技術を我々が霊性的に管理することはできないということや我々の歴史を通じてそれが真実ではないということをこれまでずっと観察してきたからです。
-------------------------------------------------------------------------------------
今回の「彗星エレニン」が非常にその時の物体に似ているように私は感じているのである。
その証拠に見えるようなものが、YouTube番組にあるので、いくつかメモしておこう。以下のものである。
-------------------------------------------------------------------------------------
エレニンが太陽風を「三角形のシールド」で身を守る様子
elenin a closer look (8/25/2011)

どういうわけか、木星からエレニンに向ってビーム攻撃が起こる様子
Elenin explodes - MASSIVE explosion DISINTEGRATES comet Elenin BREAKING FOOTAGE

どういうわけか、木星からエレニンに向ってビーム攻撃が起こる様子
Elenin explodes - MASSIVE explosion DISINTEGRATES comet Elenin BREAKING FOOTAGE

かつてのアイゼンハワーと会見したという、あの種族が再びやってきたのだろうか? 
はたして今度はNWOのオバマと宇宙人の同時会見で世界征服の勝利宣言でもやらかすのだろうか?

いやはや、この謎の天体「エレニン」は実に興味深いものである。今後を見守って行こう。

アストラTR3-Bトライアングル 


Category: UFO   Tags: ---
ASTRA TR3B
   ナンチョ動物園さん

USA反重力航空機「アストラTR3-Bトライアングル」
「アストラTR3-Bトライアングルは、アメリカの航空隊における、巨大な三角形の核燃料式の反重力航空機。
三角形のTR3-B反重力航空機「TR3-B、これは、地球上に住む誰もが見たことがある物のコードネームを指している。それは、非常に巨大な三角の形をした、大気圏に再突入可能な、反重力で飛行する機体である。それがレンズ状のミサイル弾頭、核燃料で飛行する円盤で、最初に作戦行動を行ったのは、1962年であった事が確認された」
「それは、湾岸戦争開始直後の早い時間帯に、電磁パルス、或いは電磁レーザーキャノンを装備し使用された。それは、文字通り空中にあって、アンテナ、電波塔、通信施設、航空管制塔、テレビ放送用パラボラアンテナやテレビ局その他の施設を破壊するため、長距離、中距離、近距離を攻撃していた。これら3機の三角形(TR3-Bの編隊)は、3時間そこに居座り、視界に入る物全てを吹っ飛ばした。その結果、ステルス攻撃機は、その日一日と次の夜の未明まで、休養を楽しむことが出来た。その後、成層圏の要塞B-52の高々度からの絨毯爆撃がそれに続いた。B-52は、老朽化したベトナム戦争時代のがらくた(軍需品)を全部放り出した。3度目の爆撃とその残りは失敗であったが、とにかくTR3-Bは1960年代から実験が行われている。しかし、それが完全に動作し始めたのは、たかだか8年程(1992年以来)の事である。それは、トルーマン大統領が最初に見た機体(ロズウェルで墜落した機体)の良くできた改造品である。それは、カリフォルニア州パームデールのスカンク・ワークス(ロッキード・マーティン社の機密プラント)と、ボーイング社(シアトルのファントム・ワークス)とに区分けされ建造された。現在それは、ユタ州にある。」

e0171614_12173478.jpg
img_686565_58968587_0.jpg
img_686565_58968587_1.jpg
img_686565_58968587_2.jpg
img_686565_58968587_3.jpg
img_686565_58968587_6.jpg
img_686565_58968587_7.jpg
img_686565_58968587_8.jpg
img_686565_58968587_11.jpg
img_686565_58968587_12.jpg
img_686565_58968587_13.jpg
img_686565_58968587_14.jpg

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。