この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質の拡散・富士山噴火・竜巻・大雨被害により日本が焦土に? ~まさに弱り目に祟り目~


Category: 原発問題   Tags: ---
暗黒夜考さん

なんだかあまりに悪い知らせばかりが届くので文章にするのが躊躇(ためら)われるのであるが、ここ最近、特に首都圏を中心としたエリアにおける放射能汚染に関する情報はかなり”危険水域レベル”というのが率直な感想である。

昨日取り上げた東京湾のセシウム汚染然り、今回、以下に転載した「黒い粉」然りである。

同記事にもあるように、この「黒い粉」については発見当時、ネット・ツイッタ-上にてかなり話題となっていたが、それにしても「最大で1kgあたり24万3000Bqという数値」(神戸大・山内教授調査)という数値は信じ難いレベルの値である。

現在、我々の食卓に届けられる食材の「安全基準値=1kgあたり100Bq」という数値でも、フクシマ原発事故以前は「放射性廃棄物レベル」のものであり、そんな廃棄物同然の食材を平然と市場に出回らせている”狂乱国家”が我々の暮らすニッポンの真の姿である。

しかし、今回首都圏にて発見されたこの「黒い粉」がその2400倍にも当る超高濃度の放射線量を発しているというのであるから、これは例えるなら、核燃料が郊外にむき出しのまま置かれているも同然であり、唖然とするばかりである。

更には「地震多発列島化」している日本であるが、何人もの専門家が、富士山噴火の時期が“秒読み”に入ったと警告を発しているというのであるから穏やかではない話である。

小生は基本的には学者や専門家と呼ばれる人種の予想・予測をあまり信用しない性質(たち)であるが、全国規模でこれだけ頻繁に地震が発生している現状、”マグマ活動”が活性化していることを”体感的”(本能的)に感じる次第である。

富士山の噴火というだけでも大変な話であるが、これが大地震を誘発するというのであるからこれはもう無視できない話であろう。

そしてこの春、日本中で竜巻・爆弾低気圧(大嵐)といった過去に体験したことのないような異常気象とも言える気候現象が多々発生しているが、放射能に、富士山の噴火に、竜巻や季節はずれの大雪にまで襲われるとなれば、日本の国土は焦土と化したも同然であろう。

農作物は大打撃を受け、あらゆる生活インフラが損なわれることにより、特に農産地や地方都市は大打撃を受け、疲弊化の一途を辿るであろう。

即ち、このような”災い事”がこの後も続けば、日本国民は疲弊し、日本中に生活困窮者が溢れ返る事態となるということである。

「果たしてこれだけの”偶然”が自然に重なるものであろうか?」

正直、これだけ条件が揃うと「もしやこれは農作物の完全独占を画策する”モンサント”の仕業か?」といった陰謀論的な思いも頭に浮かんでくるが、その是非はともかくとして、結果的に疲弊した日本を食さんと新たな”利権”を狙う連中がハイエナの如く群がってくることであろう。


つまり、日本における「パワーシフト」「選手交代」的なことが”劇的”に起きうるということである。
そんな”弱り目に祟り目”な状態の日本にて「消費税増税」を実施すれば何が起きるかは言わずもがなであろう。
多くの市民は今日の食事にも不自由し、疲弊したあらゆる産業分野に大量の外国資本が流入するであろう。
そう、最近あまり話題に上がらない「TPP参加」である。

「黒い粉」「富士山噴火」「異常気象」といった話が立て続けに聞こえてきて、思わず個人的な”妄想”を書き連ねてしまったが、個人的にはこの”妄想ループ”とも言える「思考パターン」そのものは大きくハズれたものではなく、今後、必ずやこの思考パターンに基づく”事象”が起きるであろうと強く感じる次第である。

(転載開始)
--------------------------------------------------------------------------------------
24万Bq/kgという高濃度の「黒い粉」が東京でも見つかった!!               
  2012年05月15日10時38分 日刊SPA!

福島県南相馬市内で発見された「超強力な放射能を持つ謎の“黒い粉”が話題になったのは今年2月のこと。
「1kgあたり108万ベクレル」というケタ違いの線量は衝撃的なものの、「南相馬での特殊な事例」として受け止められていた。ところが、その「黒い粉」は東京都内の至るところに存在しているという。
「放射線検知器を近づけてみると、明らかに反応があるので、汚染度が高いのかなとは思っていたのですが、まさかここまでとは……」「黒い粉」を都内で発見した、市民団体「NO!放射能 江東こども守る会」の石川あや子代表は驚きを隠せない。「江戸川区のJR平井駅周辺で『黒い粉』らしきものを見つけ、採取したサンプルを神戸大学の山内知也教授に検査してもらったところ、最大で1kgあたり24万3000Bqという数値が出たんです」。

これは原子炉等規制法で定められた「安全基準(クリアランスレベル)」の約2430倍という、途方もない数値だ。
「注意して見ると、『黒い粉』は都内の至るところにあります」と石川さんは言う。そんなにあちこちに高汚染の物質が転がっているのだろうか? という疑問を抱えつつ、「黒い粉」の調査に本誌記者も同行した。

まずは、JR平井駅から徒歩10分ほど。公営団地そばの運動場で「黒い粉」を発見した。フェンス近くで何か所にもわたって吹き溜まっていた「黒い粉」は、一見すると黒い土のように見える。近づいてよく見てみると、乾燥して干からびたコケやカビのようなものであるとわかる。

「この前来たときと微妙に場所が変わっていますね。風雨で移動したのかもしれません」と石川さん。ガイガーカウンターよりも信頼性の高い、国産のシンチレーション式放射線検知器を「黒い粉」に近づけてみた。すると数値が急上昇し、毎時2μSvを超えた。東京都の平均的な空間線量(地上1m)の約20倍だ。山内教授は「一般的に携帯式の放射線検知器は周囲の放射線量の平均値を表示します。つまり、少量の物質に検知器を向けて数値が急上昇するならば、その物質が極めて強い放射線を出している可能性があります」という。

「子供は外で、土や埃にまみれて遊びます。その危険性を知らずに『黒い粉』に触れてしまうことを恐れています」(石川さん)

調査時も、この運動場や道路の向かいにある公園で、子供たちが遊んでいた。

「直接触れること以外にも危険はあります。『黒い粉』が乾燥したものは脆くて、足で踏んだりすれば非常に細かくなります。風で舞い上がった粉を吸引してしまう可能性があります」(同)
さらに歩いていくと、団地の道端や、国道沿いの歩道でも「黒い粉」を発見した。「学校の正門や通学路などでも見つかりました。雨水がたまった後に乾いた場所や、風の吹き溜まるところなどで、よく見かけます」(同)
果たして、「黒い粉」の正体とは何なのか? そして、「黒い粉」の性質を利用した効率良い除染方法とは? 5月15日発売の週刊SPA!「首都圏を襲う[放射能の黒い粉]」では、「黒い粉」の元になる物質の怖さのみならず有用性もまた報じている。
取材・文・撮影/志葉玲(フリーランスジャーナリスト)http://reishiva.jp/

◆富士山 危険スポットになってきた! 
2012年05月15日10時00分 ゲンダイネット

<連動したら巨大地震>

富士山直下に長さ約30キロの活断層が存在することが、文科省や東大地震研の調査で分かった。活断層が動けばM7クラスの大地震が発生し、富士山が“土砂崩れ”を起こす危険があるそうだ。恐ろしいことに、この活断層と、付近にある静岡県小山町から神奈川県小田原市に至る松田断層帯とがつながっている可能性があるという。富士山直下の活断層と連動したらさらに巨大な地震になりかねない。

しかも、北米プレートと太平洋プレートの境界付近で発生した東日本大震災を機に富士山周辺に不気味な兆候がある。何人もの専門家が、噴火の時期は“秒読み”と警告しているのだ。富士山が北米プレートなど3つのプレートの交点に位置していることが関係する。

琉球大名誉教授の木村政昭氏(地震学)はこう言う。

「東日本の大地震で三陸はプレートが割れてストレスが取れたが、静岡の富士山周辺から南にかけてはストレスが残っています。いまだに富士山はプレートに押されている状態で、マグマが刺激されている。いつ噴火を起こしてもおかしくないのです」

富士山の噴火が活断層を刺激するという見方もある。

地殻変動解析を専門とする元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏はこう話す。

「伊豆半島が北上し続けているため、富士山が押されてストレスがたまっています。いつ噴火してもおかしくない。噴火や、富士山周辺で地震が起これば、松田断層帯だけでなく、周囲にある柏崎―千葉、糸魚川―静岡など数カ所の断層の連動があり得ます。それが時間を置かず起こると考えられるため、対策が必要です」

噴火と活断層。その両方が動いたら……。富士山は要注意スポットになってきた。
(日刊ゲンダイ2012年5月12日掲載)

(転載終了)

スポンサーサイト

4000万人以上移住が必要か?! -ロシア外務省リポート-


Category: 原発問題   Tags: ---
つむじ風さん

拙速かも知れないが、
日本の危機について、
日本の外交官からの話として、ロシアリポートは語る!!
なんと、
4000万人の移住が必要となるかも知れない!!



 この話に、ロシア自身が驚愕しているというのである。日本は国土が狭い、とうていその受け入れ先はない。しかも、この話、北方領土問題に関する協議のリポートにおいてである。

japanuclearscreen1.jpg
そればかりではない。中国がその受け入れをオファーしているとも書いてある。

 真偽の程は、明らかではないが、もしも、福島第一の第4号炉が一大事になれば、その事は現実のものとなろう。この事は誰しも理解することになる。

 勿論、これは最悪の想定であろう。
david_dees_radioactive_japan.jpg

事は最悪の想定を前提に進めている一部の人士もいると言うことである。

 はっきり言って、この話を知らされた時は、事態に驚くと言うよりも、そのような話が、日本の外交官によって真顔で語られているという事実である。少なくともリポートはその事実を明かしている。

 情報元を訪ねたが、『EU Times online newspaper』とあるから、そうとんでもないガセや、為にするニュースではあるまい。ソースを確認することは出来ないから、拙速を覚悟で書いている訳だが、憂うべき事態を最悪に想定すると、あり得ない話ではない。

 今般、人口統計が発表されたばかりであるが、人口減少が著しい。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120417/t10014510401000.html

しかも、福島県の減少が2%近いというのは、さすがに異常である。既に人口移動が始まっているのであろう。この中に、不幸にして直接被災死された人々も含まれるが、どう見ても全人口比0.02%に満たない。

 全国で減少率が0.2%というから、その中に含まれるファクターをようよう調べたら、放射能の影響がどれだけか、後世に知れることになる。

 それにしても、世の中には楽天家が多いことであろうか? 現実に眼を開いてみれば、即刻、直ちに原発廃止、総力でフクシマ終熄に一丸となるべきが選択肢であろう。東電などに任しておいて、埒があく訳がなかろう。

 このままでは、最悪、この記事の再現になる。

 そして、さらに恐るべきは、日本だけに留まらない地球全体のカタストロフィーになるとの予見がある。日本の次はカリフォルニアだ。いや、程なくヨーロッパも危ない。とにかく、世界の危機になる。地球の問題なのである。

gotmilk.jpg
【転載開始】(抄訳)

千島列島の領土問題について日本との予定された協議を再開するに当たり、ロシア外務省が用意した新たなレポートが現在クレムリンを席巻している。

この文書によれば、ロシア外務省は日本の外務省から伝えられた以下の情報に驚愕しているという。日本外務省によれば、4000万人以上の日本人が放射性物質の毒性によって「極度に危険な状況に置かれて」おり、世代最大の都市である東京を含めて、東日本の大部分の都市から人々を強制的に避難させることも可能性としてありうるとしている。

(中略)千島列島は第二次大戦の終戦日にソビエトが占領し、日本から奪われた領土である。

何千万人もの日本人が直面している「極度な危険性」は、福島第一原子力発電所の結果である。(中略)

このレポートによれば、複数の日本人外交官はロシア外務省に対してこう伝えたという。これほど多くの国民を移住させる土地を日本国は保有しておらず、したがって千島列島の日本への返還は「緊急の重要性」をもっている。かりに強制移住を行うとすれば、それはソビエト連邦においてスターリンが行った極東への強制移住に匹敵するものであり、本質的には1930年代以降では最大ともいえる大量移住となるであろう、と。

さらに重要な点であるが、このレポートによると、彼ら日本の外交官はロシア側に対して以下のようにも語った。中国は日本に対して、何千万人もの日本の市民を中国本土に移住させてもよいとする提案を行っている。日本国はこの中国側の提案を「真剣に考慮している」という。中国の移住先は、「ゴースト・シティー」と呼ばれる地域であり、この地域は不可解な理由によって建設されたまま放置されている。ロンドン・デイリー・メイル・ニュース・サービスによる2010年12月18日付の記事は、「中国のゴースト・タウン」というタイトルでこの地域について取材している。(中略)

 (中略)

 日本の現状がどれだけ悲惨であるのかについては、最近になって日本の外交官である松村昭雄氏が明らかにしている。松村によれば、福島原発事故は最終的には地球上のすべての人類を根絶させるような大参事へと発展する可能性がある。(中略)【転載終了】


---------------------------------------------------------------------------------------
(一部抜粋させていただきました)


100万ベクレル!!


Category: 原発問題   Tags: ---
みえないばくだん(にほんごじまく) -本当に爆弾だ!!
つむじ風さん

Puか(???)で報告したが、 やっぱり、プルトニウムらしい?!
南相馬市の1,000,000Bq/kg超の黒い粉はプルトニウム!!
なんで、プレス発表がない???
もう隠せない・・・・・・。

もう、徹底的に検証すべきだ。
o0480085411803860571.jpg
o0480085411821078964.jpg
o0480085411821078976.jpg

【転載開始】☆時は来た!「全国大拡散」!!

 キーボードをた叩く指が震えています。

順次、加筆していきます。
【まずは神戸大学の山内教授からお許しを得て公表いたします。】
______________________

お送りいただいた土壌ですが:

Cs-134  485,252 Bq/kg
Cs-137  604,360 Bq/kg

TOTAL 1,089,612 Bq/Kg

山内知也
_______________
ちなみに 私の住む特定避難勧奨地点の 農地は
1平方メートルで8,000~10,000ベクレル。
_______________
此処まで読んできて 「?」という方のために
 これまでの経緯を説明いたします。

昨年末より 市内有志の方から連絡が入り
「高線量の物質」が至る所にあることがわかりました。

その検体を 神戸大学の山内教授に測定してもらった結果が
百万ベクレル超 しかもキログラム当たり。

・・どんどん先に進みながらご報告をしとぃきます。

__WAVERさんのと対話___________

とんでもない結果ですね。

 復興計画は根本的に覆る事態になります。
行政としては「パニックを抑える」ためにも潰しにかかるでしょう。

>  居住空間に出現した 「猛毒スポット」の
> 存在をあらわにし 空間線量の問題ではなく
> 舞い上がり吸引の起こる危険空間危険地域との認識を持たせ

数値だけ公表し、検査結果は後出しが理想かも知れません。

> これを平米換算したらいくらになるのでしょう?

セシウムのみと換算した場合ですが・・・
地表5cmと仮定した場合、65倍します。(保安院・文科省の換算値)
(農水省の地表15cmなら150倍です)

 1089612 × 65 = 70824780 Bq/m2

この数値だけ見ても、警戒区域の汚染レベルを遥かに超えています。
これをμSv/h換算する場合、282000で割ります。(過去の統計から)

 70824780 ÷ 282000 = 251.15 μSv/h

「消えない夜さん」の直置き実測値(290μSv/hぐらい)とほぼ同じですね。
差分は「その他各種」と想定できます。

> 比較的軽く黒いこの物質は 地表面に吹きだまっている―ーこの恐ろしさ。

一時避難し除染するしかありません。
同じ「じん塵」が、定期的に山から吹いてくるのであれば移住しかありません。

> いち早く危険回避のために 市民に知らせたいのですが
> 明日、関係各位と打ち合わせ証拠の確保保存を図り
> 新聞社にはいってもらい 証明も担保したいと思っています。

「消えない夜さん」が、あこちで採取していますね。
逆に「そこにあった証拠が無くなる」のも懸念しています。
とは言え、放置もできませんが・・・
なお、高速方面が大量に堆積しているようです。

_______ここまで__________

「消えない夜さんのブログ」から
 日立アロカのβ専用測定器で約60000cpmでした。

 道路工事してた方に現物を見て貰いましたが。アスファルトの粉塵ではないだろうと言う意見でした。
福島原発が爆発当時に南相馬市原町区の牛越に居て、原発からの煙りが流れて行くのを見たそうです。
http://ameblo.jp/rvf400-1014/entry-11166179194.html
スプーン一杯で約300マイクロシーベルトの写真が載っています。
消えない夜さん、採取は危険です。近づかないこと!(電話でお知らせしてあります。)
子供たちを守っていただいて大変な勇気に感謝ですが 一人では回収しきれない。

本日市役所は 復興会議のため部長級こぞって東京出張。
(復興の前に足元を見ろ!)残ってる部長はいないのか?

留守番の副市長は相馬市にいってて帰りが5時?
市長は土曜日夜?
ん~~ ダイレクトに相談しても話が通じるかどうか?

秘書課と相談。とりあえず初期対応が急務。教授のPDFを送る。

「子供たちにマスク義務ずけ 市民に注意喚起!県、国の災害対策本部に連絡。」
「庁内の測定器で確認作業・・・学校連絡・・・」
「直ちにやってくれよ!!」
・・・・・・
____________
只今、事務所に戻りました。
本日の報告はこれから書きます。

市の担当職員と 検体を採取した場所で待ち合わせ。
職員3人がきて 【転載終了】



20120224 南相馬“黒い物質”から高濃度セシウム 投稿者 PMG5

原発情報 未来の汚染マップについて


Category: 原発問題   Tags: ---
黄金の金玉を知らないか?さん
まぁ、もう皆さんご存知だと思いますが。
---------------------------------------------------------------------------------------
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111121k0000m040077000c.html
福島第1原発:3号機で毎時1600ミリシーベルトを計測
福島第1原発3号機の原子炉建屋=福島県大熊町で2011年11月12日、代表撮影
20111121k0000m040089000p_size5.jpg
東京電力は20日、福島第1原発3号機の原子炉建屋1階で毎時約1600ミリシーベルトの放射線量を計測したと発表した。3号機では最も高い。14日にも付近で毎時1300ミリシーベルトが検出されていた。原子炉格納容器内から漏れたとみられる少量の水のふき取り作業とともに再計測した。ロボットによるふき取り作業は難航しているという。
---------------------------------------------------------------------------------------
なんでこういうニュースは毎時で出すんでしょうね。
毎時1600ミリシーベルトということは1.6シーベルト×24=1日に38.4シーベルト
ですよね。

それって普通にJOCの臨界事故で作業員が死んでしまったレベルですよね?
それが毎日、未だに垂れ流されてるんですが。

joc_hibaku.jpg
皆さん、なんで普通に暮らしてるんでしょうね。
意味が分からないのですが。

ワタスの計算違いでしょうか?
間違っていたらご指摘ください。


先日、この全国放射能マップを載せますたが。
dms1111151134009-p1.jpg
※北海道や青森、岐阜もひどいなどと書きましたが、読者の方から紫色の部分は数値が低いという指摘をうけました。たしかに普通、こういうマップは色が濃い方が汚染度が高いのでワタスも誤解しましたが、紫の部分はそれほど高くないところのようです。

さて、しかしこの図を見ると以下。
なんだかジョンタイターの予言というのだそうですが。
なんでもジョンタイターさんという未来人さんがやってきて、いろいろと未来を予言しており、ネット上で噂になっているとのことです。この地図はその人が書いた地図だということですが。
(※まぁ、映画ターミネーターにもジョン・コナーという未来から来た未来人の話でした。そのパロディで誰かが創作した予言かもしれないので話半分です。)

何だかそっくりですね。
o0500036111524583082.jpg
---------------------------------------------------------------------------------

賢者の石さんから
聖徳太子は25歳のころに飛鳥の北方「宇治」で非常に興味深い予言を残している

「・・・私の死後二百年以内に一人の聖なる皇族がここに都を作る。そこはかつてない壮麗な都になり戦乱を十回浴びても、それを越えて栄え千年の間都として栄えるだろう・・・しかし一千年の時が満ちた時には黒龍(黒船)が来るため、都は東に移される。それから二百年過ぎた頃にはクハンダが来てその都を汚すため、その東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう・・・・」

「クハンダ」とは・・・・・仏教用語で末世に現れる悪鬼(悪心)のこと。真っ黒く汚れきっており、周囲の人の体の中も心も真っ黒く汚してしまう毒麦のような性質を持っている。これは東京の汚染や人の心のエゴイズムや慢心がいずれどうしようもない末世状態になったときに、首都機能が七つの都市に分散されることを表しているのだろうか?
---------------------------------------------------------------------------------
たぶん、東京は住めなくなるはずですよ。
東京にいる方から備蓄は何年分した方が良いですかと質問を頂くのですが。
備蓄以前の話かと思うのですが。
周りに合わせず、常に自分の中の心の声に従った方が良いかと思います。

本当にありがとうございますた。


野蛮国・ニッポン 園田政務官44歳 汚物を飲む


Category: 原発問題   Tags: ---
武田邦彦先生のサイトより

44歳の園田政務官は処理した放射性物質汚染水を飲んで、汚染水の安全性をアピールしたと日本の報道は放送した。こんなことを報道するぐらい日本は野蛮国になったのだろうか?

セシウム137の経口致死量は0.1ミリグラムで、青酸カリの2000倍程度の毒物だが、園田政務官が飲んだ水のセシウム137の濃度はおそらく0.1マイクログラム以下で、致死量には遠く及ばない。政務官は致死量から遠く離れた汚物を飲むことを知っているので飲んだ。実に狡猾だ。

「致死量からかなり離れて少ない毒物が入っているものを飲んでも死なない」ということは野蛮国でなければ、社会は知っている。だから、園田政務官は絶対に汚染水を飲んでも死なない。だから飲んだ。

汚染水が危険かどうかは、園田政務官が64歳になるまで汚染水を飲み続けてガンにならないかどうかだ。しかも、その確率は100分の1以下だから、44歳の官僚が100人飲んで、20年後にその汚染水が安全かどうかが判る。100人に一人ということは1億人の日本では100万人が危険に陥るということを意味している。

福島の子ども達は汚染された給食を食べ続けているのだ。バカにするな!!

・・・・・・・・・

なんで政務官ほどの人がこんなに野蛮で、ピエロのようなことをしたのだろうか? 日本国民はそれほどアホなのだろうか? 今、お母さんが心配しているのは、5歳の子供が15歳で病気になるかどうかということであり、飲んだらすぐ病気になるなどと考えてはいない。政府の中枢にる人はお母さんの心配を知らず、その不安になにも答えていない。

狂牛病の恐れのある牛肉をほおばる議員、汚染されたほうれん草を食べる都知事、そして汚物を飲む政務官・・・それはなにを意味するのだろうか?

それとも安全だと錯覚させ、日本の大切な子供を病気にさせたいのだろうか?? むしろ、「汚染水を飲まなければならないということは、危険が迫っているのだな」と不安を煽る効果があるだけだろう。

指導者には指導者の出処進退、尊敬される言動が必要である。私は、日本人として日本がこれ以上辱められ、野蛮になることは耐えられない。

                                   (平成23年10月31日)武田邦彦


04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。