この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでこのタイミングで、プルトニウムやセシウムの薬が承認?


Category: 原発問題   Tags: ---
プルトニウム排出薬、セシウム除去薬、なぜ今?
 
Prayさん
http://sekaitabi.com/insiderbiz.html
日本メジフィジックス セシウム体内除去剤 震災4カ月前に国内初導入(こちらは震災4ヶ月前)

今承認されるということは、かなり前から開発していたということです。薬ができるまでには、フェーズ(段階)や治験を何度も繰り返すはずですので。動物そして人間でも実験(治験)するので。高額バイトを希望する若者などが、さまざまな薬の治験をして報酬を得ているはず。薬が承認されるまでには、長い期間がかかるはずです。

まるで今回の原発事故を知っていたかのようです。もし仮に何も知らなかったら「絶対安全」とされていた原発なのにもかかわらず、除去の薬を2種類もほぼ同じ時期、そして原発事故後の今のタイミングで承認されるっておかしくないですか?このことを国民の皆さんは疑問に思わないのでしょうか。
私は、今回の地震・原発事故でさえ、マッチポンプビジネスを行うユダヤ支配層とその手先の、自作自演の気がしてならないのです。気がするというより、自分の中では決定的です。マッチポンプというのは、自分でマッチをすって火事を起こしておいて、そこにポンプを持って消火活動する、という意味です。要は自作自演。英語ではinside jobですね。

事故の原因を作った側と救済する側が同じ、「マッチポンプ」の構造がここでも浮かび上がると感じるのは私だけじゃないはずだと信じてます。

韓国が震災の1ヶ月前に、被曝治療の薬を大量購入したという情報があります。ご存知の方もいるでしょう。これも本当なら、なぜ?ですが。ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏によると、韓国がPotassium Iodideという被曝治療の薬をカナダの製薬会社から大量に輸入したそうです。

ベンジャミン・フルフォード氏 Weekly geo-political news and analysisより
We have also been informed by an astute reader that a Canadian company sent large shipments of Potassium Iodide to South Korea (a treatment for radioactive poisoning) one month before the nuclear “accidents,” in the Fukushima earthquake zone.

(*略)

人の安全よりお金。
人命や安全、健康なんて知ったこっちゃない。お金、お金。
人を貶めて、マッチポンプ、マッチポンプ。金儲け、金儲け!

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。