この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2036年の未来からやってきたタイムトラベラー


Category: 経済   Tags: ---
みなさん、こんにちは。今日は、なんと2036年の未来からやってきたタイムトラベラー
そう、ジョン・タイターのお話です。おもしろいジョークだとか、彼はやはり未来から来た男だ
などいろいろな意見があるようですが、頭からウソだと言えそうにないので、ここにご案内します。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
ジョン・タイター 引用 (http://www5.hp-ez.com/hp/johntitor777/4)

2000年11月、アメリカのとあるオカルト掲示板に2036年からタイムトラベルしてきたとい
う男の書き込みがあった。男の名はジョン・タイターといい、軍事目的で1975年に行った後、2036年に戻る途中でこの時代に立ち寄った、ということであった。
 
 バカにする者、興味本位で質問する者、真剣に議論する者……、様々な質問に対しジョンはタイムマシンとタイムトラベルの原理、近未来の出来事などを交えて、委細に一つずつ答えていった。そして翌年の2001年3月24日、「予定の任務は完了した」と言い残し、ジョンは忽然と姿を消した。

 2003年イラク戦争が起き、アメリカ国内で狂牛病が発症、さらにCERNが陽子ビーム速実験の開始を発表すると、にわかにジョンが書き込んだ掲示板が脚光を浴びた。その理由は一つ、この書き込みの中でジョンが予言していたことだったからである。

 当HPは、ジョンが書き込んだログを元に、アメリカで2003年に発行された『JOHN TITOR A TIME TRAVELERS TALE』を翻訳したものである。この原書にはジョンの母親と名乗る女性が【子供のジョンと未来から来た大人のジョンと奇妙な生活】について説明しており、未来人ジョンが書き込んだログについてもコメントを残している。

 タイムトラベル・タイムマシン・予言・ジョン・母親……全てにおいて疑問符を付けざるを得ない話ではある。が、しかし、ジョンのログは力強く、予言した出来事の的中より、現在でもネット上にて内容の真偽について積極的に議論が行われている。

john-titor-insignia.jpg
ジョン・タイターの属する部隊の記章。真ん中が特異点の中心を、2本の線 が別次元の宇宙を通る道を表している。1本は正しい道、もう1本は死へと通じる道。

timetravel16_05.jpg

ジョンがかかえていた、タイムマシーンです。結構コンパクトで、みかん箱くらいの大きさらしいです。
1.主特異点 2.操縦特異点 3.リモートコントローラ 4.非常表示板 5.非常停止スイッチ 6.主電源スイッチ
7.機器操作説明書 8.非常制御スイッチ 9.リモート記憶域


Q:多重世界と言う発想はどこから生まれたのですか?それが存在するという証拠はどこにあるのですか? 

多元的宇宙についての、今現在もっとも納得できる証拠は、自転する(カーの)ブラックホールについての物理学(特殊相対性理論から導き出された)から来ています。ペンローズ・ダイアグラムをよく見てもらえば、こうした宇宙の特殊な状況を通って「別の宇宙」に行くことは可能だと、科学的にも言えるでしょう。あなた自身の宇宙(世界線)のなかの別の場所というわけではありません。というのも、そこにたどり着くには光速の限界を破らなくてはならないからです。

A: 私にとって多元的宇宙の存在は現実のものです。2036年に我々が論じている説について言わせてください。すべての可能性、結果、そして出来事は同時に起こっており、同時に存在するのですから、この宇宙に住む「あなた」より1日後や1日前に生きている「あなた」がいる複数の宇宙があるということです。
記憶こそが世界線や宇宙を超えた、過去の何人かの「あなた」といわば情報伝達手段またはコミュニケーションたとする人たちがいます。一見馬鹿げているようですが、もし、これが正しいとすると、別の世界線にいる未来の自分自身から同じように情報が伝達されてくるということも、単にありうる、いや、それどころか物理的には当然あることだと言えるでしょう。空想や「もしも」という推測は、実際は未来の世界線にいる別の「私たち」からの未来の記憶ということもありうるのではないでしょうか?
物理学によれば、それを否定する根拠は何もないそうです。

ん~、わかるようでわかりませんが、なんだか納得できます!




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。