この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷血菅“原発決死命令”連発していた


Category: 原発問題   Tags: ---
「被爆上限500ミリシーベルトに上げろ」
          ゲンダイネット 【政治・経済】2011年7月26日 掲載

●行方不明の198人は大丈夫なのか 
25日発覚した防衛省への“極秘文書”。延命のためには手段を選ばない菅首相の冷血ぶりが、あらためて問題に
なっている。
 菅は、自衛隊がヘリで福島第1原発に放水した3月17日、首相官邸から防衛省あてに「緊急作業時の被曝(ひばく)線量の上限を500ミリシーベルトに引き上げる」ことを要求する文書を送りつけていた。
〈僕は原子力にものすごく詳しい〉と吹いていた男だから、この数値の意味は理解しているはずだ。500ミリシーベルトという被曝量は、リンパ球が減少して免疫機能が低下し、発がん率が高くなる極めて危険な数値である。福島原発の事故現場で働いている作業員の最大被曝量だって678ミリシーベルト。自衛隊員に「死んでこい!」と言っているようなものだ。
 呆れたことに、菅の“原発特攻命令”は、この1度きりのことではないのである。
「菅首相は原子炉建屋が立て続けに水素爆発を起こした3月15日にも、厚労省に現場の被曝量の上限を500ミリシーベルトに引き上げるよう指示していました。原発作業員だけでなく、警察や自衛隊についても同様です。このことは週刊誌で報じられたが、結局は反対され、従来の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトへの引き上げが決まったのです。この数値だって、めまいや嘔吐(おうと)が始まる危険な被曝量ですが、自らは手を汚さず、裏で動いて命令を下させる首相の
やり方は姑息です
」(政界事情通)
 福島第1原発をめぐっては、3月と4月に働いていた作業員198人が、いまだ行方不明のままだ。もちろん、被曝線量の計測も終わっていない。“冷血菅”の狂気を見るにつけ、彼らは無事なのかと心配になってくる。 (転載終了)
img_615378_18936408_0.jpg
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。