この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン製空飛ぶ円盤「ZOHAL」


Category: UFO   Tags: ---
みなさん、ご機嫌いかかですか?民主党は、20ミリシーベルまで大丈夫だの大嘘をつきっぱなしですが、これからご紹介するお話は、大嘘ではないと思います。ついに地球製UFOの存在があきらかになりつつあります。みなさんもご承知のように、すでにナチスドイツが、第二次大戦末期ごろにUFOを開発していました。ヒトラーは、最終兵器を出す前に、自殺(実はアルゼンチンか南極に逃げたそうですが・・・)してしまったため、設計図は、すべて亡国が持って帰ったそうですナ。(イランではありません)前置きはさておき、非常に興味深いので、ここにご案内します。ちなみに、異星人が乗っているUFOは、人間には見えない、可視不能な赤外線を発光して飛んでいるので、たまにしか見えません。いやー、ワクワクしますね。

以下、マブハイさんのサイトより転載です。 http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32658260.html
---------------------------------------------------------------------------------
イラン政府は公式に新聞で自分たちのUFOを発表したそうです。

もっぱら無人偵察用みたいですが・・・災害現場に必ず現れるUFOはこれのたぐいでしょうかね?



イランのUFOエンジニアが申し出ます
http://www.ufo-blogger.com/2011/04/iran-ufo-engineer-behind-iranian-saucer.html
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=201737
空飛ぶ円盤 Zohal は、イスラム革命アヤトラ Seyed アルカメニーの最高指導者の儀式で開示されました。

Farnas 航空宇宙会社とイラン航空業界と宇宙産業の連合(IASIA)によって作成された Zohal は、自動操縦装置システム、GPSと同時にイメージをとって伝えることが可能な2つの10メガピクセルカメラの設備が整っています。彼の技術は磁気と太陽系全体に旅行を許す重力やそれ以上まで動力化すると主張されます。

我々は(すでに)電磁流体力学を使ったフランスの科学者 Proposes UFO推進力システムのすべてを読んだと報告していました。

2011年3月16日、イランの通信社 Fars はイランが(すでに)空飛ぶ円盤を開発していたと説明する新聞発表を公表しました。現在、核エンジニアのメヘラーン Tavakoli Kesheは申し出て、そしてイランの空飛ぶ円盤で使われる技術を操作している重力圏のデベロッパーであると主張しました。

彼は重力と磁極の分野の扱いで動きを引き起こす、特別なプラズマ原子炉を開発したと主張します。
この原子炉に関する多数の特許出願書が提出されました、その詳細は彼のウェブサイトで説明されます。
ボルテックス ネットワーク・ニュースのウィリアム・アレックとの最近のインタビューで、 Keshe は、特にこの技術はイランの新しい円盤に取り入れられると説明します。
彼は何年も前にイラン政府に技術を与え、そして活発にそれらと共に働いています。

これは受け皿が一種のマルチタービンのヘリコプターであるという考えを否定します。




スポンサーサイト


Comments

承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。