この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の奇妙な音の原因が判明


Category: アメリカ   Tags: ---
MJ12-NWOの地下基地が2発の核攻撃を受けた!
    井口博士のブログより
みなさん、こんにちは。
風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。あまりにいろんなことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。
さて、日本では「311」の大震災と福島原発で核爆弾とミニ核爆弾が炸裂し、「人工地震」と「原子炉爆破」が起こったというのが、西側のフリーランスジャーナリストやフリーランス科学者の間では定番となっている。

ところが、今回のヴァージニア州の地震(日本の東北のように、めったに地震がない場所での地震)が起こった件に関して、実に意味深な情報が飛び出して来たようである。以下のものである。

地震の前にコロラド州で奇妙な音
ドン、ドン、ドンという巨大な音
Strange Sounds in Colorado Before Earthquake

ヒューーー、ヒューーーーー、ヒューーーーという音
STRANGE Trumpet Sounds heard before earthquake. Live

これは最近カナダでもいろんな場所で聞かれるようになった、”謎の奇妙な音”である。

世界中で聞こえる「奇妙な音」とは??:何やらだれかが地下で作業中か?

この「原因」に関して、驚きのレポートが飛び出して来た。それが上のものである。このレポートの後半が
実に興味深いものである。

以前ここでもメモしたように、アメリカのNWOイルミナティー一族(俗にいう、MJ12)は、全米の地下、特に山岳地帯の中西部の地下に「巨大な地下都市」を建築した。そのネットワークはこんなものであるという。
e0171614_10555723.jpg
ところが、ごく最近、この地下都市が何ものかに核爆弾で襲われたようだ、というのである。
-------------------------------------------------------------------------------------
「今日のクレムリン(Kremlin today)」で伝達される、恐ろしい外国軍諜報総局(GRU)の
報告が言うには、過去ほとんど36時間で、過去ほぼ45年の永きにわたって米国空軍によって
構築された、広大な大陸間軍事トンネル複合体が、米中央情報局(CIA)によってほぼ独占的に
使用されていた、その主な終端であるコロラド州とバージニア州で、ある2つの強力な核爆発の
攻撃を受けたということである。

このレポートによれば、この前例のない核攻撃は8月22日の夜に始まった。フロリダ州タンパの
マクディル空軍基地に位置した、このCIAトンネルのための主空気圧解放トンネルが何十万立方
フィートの空気を突然大気中に放出することを余儀なくされた。
この出来事のユニークな音が、マックギルの近くのトロピカーナ野球場で行なわれた野球の試合中に
ビデオ2で捕らえられたのである。アメリカ政府は偽音声システムのせいだとしたのだが。

このレポートは続けている。この広大なトンネル複合体の排気をする2、3時間内に、コロラド州
トリニダード近くに位置した西終端駅で爆発した。これはヴァージニア州のカルペッパー近くの
東終端駅で12時間後に起こった第2の爆風を伴った。そして、両方がアメリカの何万人もの人々に
よって感じられた大地震を引き起こした。

アメリカの国の地下に1960年代の初期以来広大な軍事トンネルネットワークが推定40トリ
リオンドルかかったことはアメリカ人の膨大なマジョリティーには知られていない。
この攻撃を除いて衰退する兆候はない。
-------------------------------------------------------------------------------------
とまあ、そういうことらしい。要するに、MJ12=NWOの地下基地が核攻撃を受けたのである。しかも2発。
そのために、爆風が内部のトンネル中を吹き荒れ、一気にトンネル末端の空気穴から吹き出したのである。
その時の音が、奇妙な音として全米ないし世界中に響きわたったのである。

これがロシア、クレムリンの諜報機関が得た情報らしい。

もしこれが事実だとしたら、NWOはご臨終であろう。内部は放射性物質だらけだからである。

いったいだれがそんなことをしたのだろうか?

これについては今の所何の情報もないが、これで「第三次世界大戦」時にだれも地下都市に逃げることが
出来なくなったということだろう。

ちょっと前にNASAの長官が「何かが起こる。それに備えろ」というメッセージを出したが、はたして
その何かとはこれのことだったのだろうか?

いずれにせよ、この爆風は放射能の風なのだから、アメリカやカナダの人々もかなり被爆したのではない
だろうか?

今後を注意しておくことにしよう。



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。