この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田内閣


Category: 政治   Tags: ---
まずは野田内閣の面子を見てもらいたい
日本人よ目を覚ませ!さん野田内~1

野田内閣 うむ、全員見事なカスである。
以下コピペですが、どの位カスかと言うとこの位カスです



総理大臣 野田佳彦  選挙応援の件で民団に謝辞表明(在日献金発覚)

総相 川端達夫 在日韓国人法的地位向上議員連盟

法相 平岡秀夫 在日韓国人法的地位向上議員連盟

外相 玄葉光一郎 まぁ普通

財相 安住淳  人権擁護法案推進派

文科相 中川正春 在日韓国人法的地位向上議員連盟

厚労相 小宮山洋子 在日韓国人法的地位向上議員連盟

農水省 鹿野道彦 外国人参政権について「どちらかと言えば賛成」

経産相 鉢呂吉雄 在日韓国人法的地位向上議員連盟

国交相 前田武志 在日韓国人法的地位向上議員連盟(後に反対表明)

防衛相 一川保夫 在日韓国人法的地位向上議員連盟

官房長 藤村修 在日韓国人法的地位向上議員連盟

公安委員長 山岡賢次 「参政権付与は選挙が終わったらやる」

金融相 自見庄三郎 国民新だし、

国家戦略相 古川元久 パチンコ協会政治アドバイザー

行政刷新相 蓮舫 2位じゃダメ

復興相 平野達男 「青山繁晴 を逮捕しろ!」

ちなみに「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」は
民主党の414人の衆参議員のうちでも65人しかいない超推進派。
それがこの比率で入閣って・・・明らかに「外国人参政権内閣」だ。

↑ ここまで

選挙前ドットコムでの野田内閣の評価はこちら

⇒選挙前ドットコム
その他の副大臣、政務官などはこちら



職 名 氏 名 備考
内閣府副大臣 石田 勝之 衆院
  (いしだ かつゆき)  
  後藤 斎 衆院
  (ごとう ひとし)  
  中塚 一宏 衆院
  (なかつか いっこう)  
総務副大臣 黄川田 徹 衆院
  (きかわだ とおる)  
  松崎 公昭 衆院
  (まつざき きみあき)  
法務副大臣 滝 実 衆院
  (たき まこと)  
外務副大臣 山口 壯 衆院
  (やまぐち つよし)  
  山根 隆治 参院
  (やまね りゅうじ)  
財務副大臣 五十嵐 文彦 衆院
  (いがらし ふみひこ)  
  藤田 幸久 参院
  (ふじた ゆきひさ)  
文部科学副大臣 奥村 展三 衆院
  (おくむら てんぞう)  
  森 ゆうこ 参院
  (もり ゆうこ)  
厚生労働副大臣 牧 義夫 衆院
  (まき よしお)  
  辻 泰弘 参院
  (つじ やすひろ)  
農林水産副大臣 筒井 信隆 衆院
  (つつい のぶたか)  
  岩本 司 参院
  (いわもと つかさ)  
経済産業副大臣 牧野 聖修 衆院
  (まきの せいしゅう)  
  松下 忠洋 衆院
  (まつした ただひろ)  
国土交通副大臣 奥田 健 衆院
  (おくだ けん)  
  松原 仁 衆院
  (まつばら じん)  
環境副大臣 横光 克彦 衆院
  (よこみつ かつひこ)  
防衛副大臣 渡辺 周 衆院
  (わたなべ しゅう)  
農林水産副大臣 筒井 信隆 衆院
  (つつい のぶたか)  
  岩本 司 参院
  (いわもと つかさ)  
経済産業副大臣 牧野 聖修 衆院
  (まきの せいしゅう)  
  松下 忠洋 衆院
  (まつした ただひろ)  
国土交通副大臣 奥田 健 衆院
  (おくだ けん)  
  松原 仁 衆院
  (まつばら じん)  
環境副大臣 横光 克彦 衆院
  (よこみつ かつひこ)  
防衛副大臣 渡辺 周 衆院
  (わたなべ しゅう)  


ソース

⇒http://www.kantei.go.jp/jp/noda/meibo/index.html
正直言って現在の民主党でまともな議員が居ないのは全日本国民が感じている事かと思われます。
支持率70%とか冗談も程ほどにしろと言いたい人も多いかと思います。

そして、鳩山・菅内閣で政治に関心のある日本国民は、何を学んだかといえば

「親小沢・反小沢」なんてくだらない基準ではなく

「反日(売国・国益無視)・親日(愛国・国益重視)」が重要だと言う事です。


未だに小沢一郎なら今の日本をどうにかしてくれると思っているのは老人しか居ません。

どうみたって真っ黒な小沢一郎の良い所だけが刷り込まれた団塊世代などは小沢に自分達の夢を乗せてみているんでしょう。

(まあ虚無なんですがね)

結局の所、国益重視する考えが根本に無い民主党議員では、震災復興や原発終息に向けての行動全てが後手後手に回るわけですね。

基本責任逃れしかしない民主党議員をもう2年も見ているのに、まだそこに気がつかないテレビや新聞に洗脳された世代が多いことが残念でなりません。

日本より朝鮮(北朝鮮・韓国)重視の民主党では日本が持たないんですよね。

今回の代表選で5人立候補して、その中では野田総理が一番特亜と距離を置いていましたので、あの罰ゲーム的な5人で選べと先月の時点で言われたら野田しか居なかったのは確かです。

前回のブログでも書きましたが、野田自身には前々から今回指摘されているように在日献金の黒い噂が絶えませんでした。

しかし、公では特亜を牽制する姿勢を示していたのも確かです。

なので、中国などは野田が総理になるのをかなり警戒していました。

ところがどっこい、総理になって組閣してみたら、靖国参拝はしない発言、在日献金発覚、閣僚や重要人事へ売国政治家起用のオンパレードとスッカリ取り込まれていました。

もしかしたら、首をすぐに変えれるように代表選の時点で何かしかの密約があって野田を総理にしたのかも知れないと疑ってしまうレベルです。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。