この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発事故による太平洋の放射能汚染図


Category: 原発問題   Tags: ---
暗黒夜考さん
国際環境保護団体「グリーンピース(Greenpeace)」が発行元と思しき、福島第1原発事故による太平洋の放射能汚染図が入手できたので、以下に関連内容を転載する。

以下に指摘されているように、形式上だけでも汚染度調査の行なわれている農作物以上に、”ノーチェック”に近い海産物の方がより危険である可能性が高いであろう。

「食物連鎖」と「生物凝縮」の恐ろしさ・危険性については、以前のエントリーにて度々コメントしてきた通りであり、海産物の摂取には十分な注意が必要であろう。

※参考1「「食物連鎖」と「生物濃縮」の話をしよう」
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/9615e5e34a003870a1770096845bfc1e
※参考2「水産物の放射能汚染から身を守るために、消費者が知っておくべきこと」
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/ff00ee5a2b5192a9c5d7e89db0a27748※参考3「加速する「食物連鎖」と「生物凝縮」 ~食物連鎖の最頂点に位置するクジラから放射性セシウム検出~」
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/29c5b0fabd756d68a434fe19be239e3a

(転載開始)

太平洋の放射能汚染図
http://iii4iii.posterous.com/72982742
f9f2842a672a020e7de2ec476a2193ff.jpg


【関連記事の簡単翻訳】

この図は放射性物質の動きを示すために作られている、濃度が明らかにしていない。

しかし、関連記事(http://green.blogs.nytimes.com/2011/09/28/fukushimas-contamination-produces-s... ) によると(訳します)、3500テラBq(セシウムのみ)が海に直接流されて、さらに原子炉から出た蒸気や煙の中でまた1万テラBq(セシウムのみ)が海に落ちたそうです(日本政府数値)。
漏れがまだ続いているそうです。

Ken Buessler(チェルノブイリの海汚染研究の方)によると史上最大の海汚染だそうです。
チェルノブイリ事故後、死海の濃度は1000Bq/m3だったが、福島事故一か月後でも10万Bq/m3でした。
7月は福一40キロ圏内の海はまだ、1万Bq/m3でした。

しかし、海流のため、福島周辺より高い濃度のところがあります。
海底やプランクトンの濃度がまだわかりませんが、貝の汚染は考えられますし、濃縮は、魚の種類によってピークの時期が違っていて2~3年後がピークな種類もある。


(英語↓)

元記事: http://scienceblogs.com/gregladen/2011/09/japan_nuclear_disaster_update_13.php

情報発行機関: http://www.asrltd.com/japan/plume.php

関連記事: http://green.blogs.nytimes.com/2011/09/28/fukushimas-contamination-produces-s...

(転載終了)


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。