この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反TPP


Category: TPP   Tags: ---
TPPごり押し参加は、日本を反米で一つにまとめることになるだろう
属国離脱への道さん

フジテレビ「とくダネ!」で反TPPの正論を飛ばしまくり、出演者全員を論破し吹き飛ばした京都大・中野剛志准教授が巷で話題を呼んでいる。

 恐らく、一応は反TPPの論客も読んでおいてお茶を濁しておこう程度のものだったのだろうが、相手が悪すぎた。官房機密費を食らっているような中途半端な電波芸人が何百人束になっても叶う相手ではない。

 ロンブーの馬鹿面が、中野先生の「態度が悪い」とツイートしたことも話題となっているが、態度を
批判する前にTPPを勉強しろ。

 今後、TPPをごり押しする売国奴どもは、まず中野先生と対決し勝たない限り、これ以上、参加を訴えるべきではない。中野先生と席を同じくしようという度胸のある賛成派などいないだろうが。

 さて、野田や遺伝子組み換え利権の米倉らがTPPをごり押しすればするほど、「なぜ内容も知らせないまま、突っ走るのか」ということをはじめ矛盾点が次々に露わになってきた。

 連中はもう自滅も同然である。恐らく、TPPの拙速参加表明と引き替えに内閣は総崩れとなるだろう。私は、このような売国政権は瓦解して当然、民主党自体、解党してしまうべきだと思う。
 

しかも野田や米倉や前原などの背後にいる米国にとっても、このごり押しは面倒なことになる可能性が大きくなってきた。

 「TPPは米国が日本から富を収奪するための不平等条約である」

 この事実が、ネットの一部にとどまらず、どうやら相当広くに知れ渡りつつあるようである。グーグルで「反TPP」と検索すると750万件以上ヒットする。

 このまま薄汚い連中がごり押ししてTPP参加が決まれば、日本も壊れるが、日米関係にとっても致命傷だろう。

 反米で日本が一つにまとまる可能性すら出てきた。

 小泉竹中時代は対米従属の限りを尽くした自民党だが、野党となって米国の圧力が薄れたせいか所属の国会議員の多くはTPP反対に回っている。賛成しているのは石破などの親米ポチや清和会系など少数である。

 この機会に、TPPを念頭に対米隷属VS自立派で真っ二つに割れれば、日本をめぐる問題を明解になる。

 そして、一度、交渉に参加してから脱退するのは、外交の慣例上、得策ではないと言われるが、構うことはない。最終的に脱退して、ついでに日米同盟を破棄すれば済むことではないか。


TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員一覧
131979262542613115810_1319543828-2.jpg
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。