この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”TPPの黒幕”たる経産省女性官僚 


Category: TPP   Tags: ---
~その名は『宗像直子』~
暗黒夜考さん

◆TPPの黒幕 経産省女性官僚がやったコト
 2011年11月21日 ゲンダイネット
○国を売るのか!
86ba99977d86da1218a178bc50683ebd.jpg
<慎重派が呼んで吊るし上げ>

マイクを握り、身ぶり手ぶりで説明する女性官僚。彼女こそ、いま、TPPの黒幕と呼ばれる宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)である。
 
なぜ、彼女が黒幕と呼ばれるのか。
 
日米で言った言わないでモメている野田首相発言、「日本は全ての物品サービスを(TPPの)貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」というセリフ。これは経済産業省が事前に用意したペーパーに書かれていて、これを作成したのが宗像なのである。 
問題のペーパーはAPECのためにハワイに先乗りした枝野経産相にカーク米通商代表との会談用として渡された。たまたま枝野に密着していたテレビが映したことで、存在がバレた。

その後、枝野はカーク通商代表との会談に臨み、あとからハワイ入りした野田首相はオバマ大統領と会談、交渉参加に向けた協議に入ることを表明した。枝野も野田もペーパーに書かれているような発言をしていないと言うが、米国は、野田がこのペーパーに沿ったセリフを表明したと発表。で、宗像は与野党のTPP慎重派から吊るし上げを食らっているのである。

「18日に開かれた民主党の慎重派の勉強会にも呼ばれて、経緯を聞かれていました。宗像氏は首相の会見前に用意した発言要旨だったとし、首相の会見のあと、その趣旨を反映させたものに差し替えなかったため、ペーパーが残ってしまったと言い訳しました。
でも、外形的にはTPP参加の旗振り役である経済産業省が極めて前のめりの参加表明文書を作り、それが米国に伝わって、日本の見解として発表されてしまったとしか見えない。
それに対して、日本は訂正すらも求めていないのだから、おかしな話です。本当に差し替える気があったのか。経産省が交渉で、そう言わせようとしたのではないか。枝野氏はその通りの発言をしているのではないか。
疑惑は尽きないし、“違う”と言うなら、枝野大臣とカーク通商代表との議事録を公表するか、『米側の発表は誤り』と日本から声明を出すべきです。宗像氏本人か、上司か、大臣か。誰かが責任を取らなければ、慎重派も収まらないと思います」
(ジャーナリスト・横田一氏)
 
今回はたまたまTVが映像を撮っていたからよかったものの、それがなければ、交渉の裏で役人が勝手に何をやっているかわかったもんじゃない。そう思うと、ホント、日本の官僚は恐ろしい。 
宗像氏は東大法卒、ハーバードでMBAを取得した後、1984年通産省に入省した。通商経済政策局経済協力課、総務課課長補佐などを経て、ブルッキングス研究所やジョージワシントン大で研究をした。新自由主義に染まった役人の身勝手な暴走は許されない。

(転載終了)

勝栄二郎が”腐れ売国奴”野田佳彦の実質的ブレインなら、この経済産業省官僚の宗像直子は「TPP推進部長」といったところであろうか?

この宗像直子の経歴をみると、見事に”対米従属売国奴”の典型とも言える東大~アメリカ留学という肩書きである。
それにしてもアメリカという国は、これほど大量の対米従属人間を作り上げるのであるから、よほど”洗脳”に関する研究が進んでいるのであろう。
当の本人にはまったく罪の意識がなく、「真に正しい」と信じきって行動しているのであるから、その洗脳効果たるや空恐ろしいレベルである。

と、感心している場合ではなく、上記記事にあるように、この女史が「TPP推進」を喧伝し、頭の悪い議員連中を手玉にとって騙している中心人物である。

凡そ、国家施策についてはその是非について政治家にばかり関心がいきがちであるが、実際には政治家などただの”スポークスマン””ピエロ”であり、筋書きを書いているのは東大卒の霞ヶ関官僚どもである。

そんな”諸悪の根源”とも言える官僚どもについては、その素顔が見えず、政治家と違って選挙も何もないため、”悪の権化”の如く永田町に巣食い、私欲に塗れた愚鈍な政治家連中を手玉に取り続けているのである。
それだけに今回、その素顔が晒されたということ自体は良い傾向であろう。

それにしても最難関と言える東大に入学~卒業しながら、このような憐れな”売国人生”しか選べないとは何とも不幸な話であると共に、日本の教育制度そのものが歪んでいる証左と言えよう。

自身こそ”選ばれし人材”という誤った「選民思想」を植え込まれ、もはや崩壊したことが明らかな「新自由主義」に染まり切ったその姿をみて、”エリート”といった感情など微塵も感じ得ないというのが率直な感想である。

それにしても、この写真に写っている宗像直子女史の表情に「悪魔が宿っている」ように見えるのは気のせいであろうか?
「”人となり”はその”人相”に表れる」とはよく言ったものである。
--------------------------------------------------------------------------------
sennou.jpg
洗脳支配
「日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて」
ぜひ、一度、読んでみてください。日本人がいかにコントロールされているかがわかるはずです
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。