この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国はロシアに警告します:『エイリアンが彼らのやり方で、2012年に地球に来ると』


Category: UFO   Tags: ---
ロストワールド Season2.3さんのブログ(転載)
      http://higasinoko-tan2.seesaa.net/

2011年4月24日
米国はロシアに警告します:『エイリアンが彼らのやり方で、2012年に地球に来ると』
BY:ソルチャ・ファール

image2.jpg
先週、衝撃的なことで、米国のバイデン副大統領とロシアのプーチン首相との間で開かれた会議をクレムリンのレポートが詳述していて、我々の太陽系内に侵入した、『数マイルにも広がる』UFOの大艦隊が到来するのをNASAの衛星が捉えた後、2012年後半だと予測された『エイリアンの侵入』から我々の惑星を守るために、『地球の広範囲』にミサイル防衛計画を確立するために、ロシアの援助をアメリカが求めたことを明らかにしています。
このレポートによると、我々が4月21日にレポート『巨大な小惑星が地球に接近するにつれて、月を『目覚め』させていると科学者に衝撃を与える。』で報告した、現在、地球へと先立って向かった巨大な小惑星2010SO16と2005YU55の、両小惑星が『通信シグナル』を受け渡していて、それは、人類以外の存在の、知的な地球外生命体種族を『確かめる』ために、米国国家安全保障局(NSA)が行ったと前に述べた、深淵宇宙空間トランスミッションと全く同じ原理のようです。

このレポートの内容に関して最も興味深いことは、まさしく、我々の地球に近づいているのが2つの異なった種族の地球外生命体であり、一種族でないことを示しているような、その『通信』においてエイリアンが使った『21のシンボル』に関する、『地球外生命体のメッセージの鍵』というエイリアンについてのタイトルの、最高機密文書の一つをNSAが先週公開した点です。

ジョン・F・ケネディ大統領(1917-1963)がまもなく暗殺される前に、中央情報局(CIA)に、エイリアンとUFOに関する情報とファイルを全て出すよう要求したが、CIAは提供することを拒んだにもかかわらず、ニューメキシコでエイリアンの遺体が発見されたことと、ロズウェルでUFOが本当に墜落したことを明らかにしている、その最高機密文書を最近公開した米国情報局以外に、この一週間たらずでエイリアンに続いて彼らの『言語』をも解釈した、その衝撃的な情報を公開したNSAの行いが等しく重要なポイントです。

このレポートは、1561年4月4日に、ドイツ・ミュンヘンベルク上空で何百機ものUFOと交戦した戦いを、数千人もの人々が目撃した時に起こった、そのようなシナリオに我々の地球が近づいているかもしれないと、バイデンの推測をプーチンに説明し続けていて、そしてその交戦時に報告された内容を、我々は読むことができます。
なぜ?このエイリアン種族が我々の地球にやってくるのか?先週、英国王室の天文学者マーティン・リー卿と、スコットランド王室の天文学者ジョン・ブラウン教授が共同声明を出した時に、人工大災害で苦しまずに、2100年までに生き残るチャンスが50%だけ我々人類の文明にはあると警告して、明かしました。
このレポートではさらに、我々の大気のアウタースペースをパトロールする有人/無人の乗り物がレーザーを発射する、大規模な米艦隊を建造するために、米国が民間の航空宇宙機建造業者(例:非常に秘密主義のロケット・ビルダー・カンパニー「ブルー・オリジン」)に数10億ドルもの予算を転換したと、米宇宙機関NASAの資金提供のほとんど全てを剥奪して、その民間企業に流したとバイデンがプーチン首相に話したとしています。しかし、たとえ資金を助成した政府が情報公開法(FOIA)の下に縛られていないとしても、私企業が行ったので、誰の研究なのかアメリカ市民にわかっていません。
ufa4-thumbnail2.jpg
当時の大統領ロナルド・レーガン(1911-2004)政権下で、1980年代初期にこの衝撃的なイベントをおそらく予め警告していたことが重要な点で、ワシントン・ポスト紙は1983年12月30日にその記事を掲載しました。その第一面で、『おそらく木星と同じくらい巨大な;謎の天体が発見された』と、大きく見出しをつけて以下のように述べました:

『おそらく、巨大な惑星:木星と同じくらい巨大な天体が、おそらく、太陽系の一部である地球へと、軌道に乗る米国の赤外線天文衛星の望遠鏡が、オリオン星座の方へと、非常に近づいているのを発見しました。』
この米国の発見についてのソビエト/ロシアのレポートで、1985年のジュネーブ・サミット中にゴルバチョフ書記長との会話で、レーガンがソビエト・リーダーに言った発言が明らかにされた後、さらに衝撃を受けました。
『私達のこの世界が外部からの、エイリアンの脅威に直面しているとすれば、私は時折、世界中の紛争などすぐになくなるだろうと考えてしまう。それなのに、我々の中ではすでにエイリアンには力がないと、私に尋ねてくるんだ?』
 さらにレーガンは、過去の国連でのスピーチの最後で、『いつ敵が攻めてくるかわからない現状で、人類はどれだけ結束するでしょうか。 恐らく人類を一致団結させるためには、外的な、宇宙の脅威が必要なのです。我々がエイリアンの脅威に直面しているのならば、世界的な紛争などあっという間に消えてしまうだろう』と述べました。そして、第二次世界大戦の偉大な米国陸軍指揮官:ダグラス・マッカーサー将軍(1880-1964)が23年も前にすでに警告(西側諸国への1955年のスピーチで指摘して警告した)を繰り返し述べていました。
『世界中の国が団結しなければならない、なぜならば、次の戦争は惑星間の戦争だからだ。地球の国家は、他の惑星の種族による攻撃に対して、共同戦線をいつか敷かなければならない』
地球の上空のUFOが一般的にどのように報告されたのか?米国の大手データマーケットプレイスInfochimps社が今まで記録された、この飛行物体の目撃例が60,000件以上あると明らかにしたデータセットを始めた時、先週、世界はUFOのこれまでを学びました。
しかし、このUFOに関して最も重要なことは、今週の日曜日の復活祭で10億人以上のキリスト教徒が待ち望む帰還である、聖書のヨハネの黙示録で強力な『新しいエルサレム』を予言していて、そしてそれは、大いなる意志に『天から下って来る』と言われ、そして、『12の門(十ニ使途:ユダヤの十ニ氏族の名が刻まれた)』を含んでいて、『黄金のように輝いている』その『大きな城壁』から、再び『神』が地球に帰還するということです。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。