この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【福島第1原発事故】 (続報)3号機に異変?? 引き続き予断を許さない状況


Category: 東日本大震災   Tags: ---
暗黒夜考さんのブログより転載
   http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/c/dbf0ec046e119bc91a580d6404e650b1

◆3号機圧力容器で温度上昇止まらず 炉内に冷却水届いていない疑い
 2011/5/ 9 18:39  産経ニュース
                       3979e44697c7c3b1dd0aa09bd59f4780.jpg


福島第1原子力発電所3号機の圧力容器で、温度上昇が続いている。
2011年4月下旬から5月7日までの間に、40度近くも上がった。

注水量を増やしたにもかかわらず温度が上がっていることから、原子炉内に冷却水が届いていない疑いがある。
このままの状態が続けば、核燃料の溶融につながりかねない。

○注水量増やしても状況は改善せず
東京電力は2011年5月7日、福島第1原発3号機の原子炉への注水用配管の工事を行うと発表した。
3号機では圧力容器内の温度上昇が止まらず、5月4日には核燃料を冷やすために注水量を毎時7トンから9トンに増やしたが、状況は改善していない。
東電では、原子炉内に水が十分届いていないと見て、工事により別の経路による注水を試みる模様だ。

東電によると、3号機の圧力容器下部の温度は、5月7日午前5時現在で149.6度。
4月下旬は110度前後だったのに比べて、大幅にアップしている。
4月12日には、計器故障の疑いがあったものの温度が250度を計測した。
その際には経済産業省の原子力安全・保安院が、圧力容器はおよそ300度まで耐えられる設計になっていると説明した。とはいえ、注水を続けていても温度上昇が止まらない現状は心配が尽きない。

○「圧力容器が損傷」の声も
注水用の配管の損傷や、核燃料の一部が溶け落ちて発熱している疑いがある、という見方も一部で出ている。
注水量を増やしても温度が上がり続けていることからも、配管から水が漏れ出している恐れはありそうだ。
圧力容器自体が破損しているのでは、との声も聞かれる。

東電では5月8日午後から、復水器にたまった汚染水の水抜きを開始し、タービン建屋地下への放出を始めたという。
注水経路を変更するため配管を切り替えることで、復水器にたまった水があふれ出す危険性があるためだ。
だがこの措置も、地下に汚染水が増え続ければトレンチへ流れ出す可能性がある。
4月末の時点で、3号機のトレンチでは水位の上昇が深刻化しており、ただでさえ海水や土壌への汚染が懸念されていただけに、汚染水の移送はますます急務となる。

圧力容器の状態はさらに気になる。
注水経路を変更しても温度上昇が止まらないようであれば、圧力容器の損傷による漏水を本格的に議論する必要がありそうだ。
核燃料を冷却する仕組みが万が一破たんすれば、核燃料が過熱を続けて炉心の溶融が起き、最悪の事態を招きかねない。(転載終了)

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。