この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傾きが止まらない4号機建屋の補強工事


Category: 東日本大震災   Tags: ---
4号機建屋は、このまま行けば倒壊必至
   カレイドスコープさんより転載 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-547.html

1、2、3号機は、早い段階からメルトダウンを起こしていたことが
明らかになりました。
原子力安全委員会のゴミクズ学者、
斑目も「炉心溶融があったことは
前から知っていた」と今日になって記者会見の席上で“白状”しました。
このゴミクズは、
今になって原子力安全・保安院に責任をなすりつけようとしているのです。
12日に菅直人といっしょに自衛隊のヘリに乗って福島第一原発上空を飛んだとき、「総理、原発は
絶対に爆発しません」と言ったのは、このゴミクズの斑目でした。
一方、原子力安全・保安院の
オズラ西山審議官のほうも、いつものようにとぼけています。
20110516-1.jpg

海外の原子力専門家たちは、ネットを通じて早い段階から1、2、3号機の核爆発、炉心溶融を警告
していました。
さらに、4号機が実は重大な鍵を握っていることも。

その一人、アーニー・ガンダーソン氏は、「4号機の使用済み燃料を冷却するプールは損傷が激しくて、
水が漏れているのではないか」と指摘していました。
そして、3日前にも「4号機の建屋の傾きが激しくなって、倒壊必至」と言っています。

4号機については、これまで何回か白い煙が出ていることが確認されています。
東電、原子力安全委員会、保安院のこれまでの見解では、「プールは健全なので冷却はできている」と
いうものでした。

白い蒸気に混じって黒い煙のように見えていたものは照明の具合によって、そのように見えたものであり、
したがって、それは何かが燃えている(核燃料自体が燃えている)だとか、そういう類のものでは
ありません」と言っているようですが、彼(彼は知らされていなかった
かもしれませんが、少なくとも、東電の幹部連中)は3月12日の時点でメルトダウンが起きていたことを
知っていたのです。

あるいは、知っていたけれど、そうは思いたくなかった。
「絶対、安全なはずの原発でメルトダウンなど起きようはずがない」と思い込んでいた…。

それほどの重大事を今まで発表しなかった人間たちのことなど信用できるはずがありません。

大量の白い煙(ときに黒い煙も)が出ているのですから、使用済み燃料を冷却するプールに亀裂が
入っていて、少しずつ水が漏れているのではないか、と疑わないほうがどうかしているのです。

いくら外から水を注入しても、プールの亀裂から外に流れ出してしまい、プールに貯蔵されている
核燃料棒の上の部分がむき出しにされて、その部分の溶融が起きているのではないか、と。
そして、この2、3日は、それが激しくなっています。もっと大量の煙が発生しています。

問題は、プールに貯蔵されているという使用済み核燃料がどれほどの量なのか、ということです。
東電の発表など、今でも嘘ですからまったく信じられません。
想像以上の量の使用済み燃料が貯蔵され、
それが炉心溶融を起こしており(起こしているのでしょう、間違いなく)、プールを支えている建屋が
倒壊したとき、何が起こるのか…。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。