この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県では都市部が高濃度ホットスポットになっている


Category: 原発問題   Tags: ---
福島市の皆さん!現実を直視して今すぐ行動を起こしてください!!
 カレイドスコープさん転載


20110517-1.jpg

福島県郡山市、福島市の放射線の空間線量率は1時間当たり6マイクロシーベルトを超えています。
チェルノブイリで見られたホットスポットです。
http://atmc.jp/school/

上のマップの「6.1」とか「6.8」というのは、地表1cmで計った空間線量率の値です。
単位はマイクロシーベルト/時

地表1mの位置で計測した値を知りたい場合は、マップの上側の「1m」にチェックを入れると
画面が切り替わります。
また、〔すべて〕のボタンを押すとプルダウン・メニューが出てきて、小・中・幼稚園別に
表示することもできます。

地上1mの高さで計測した学校でも、4マイクロシーベルト/時を超えている学校がいくつも出てきます。
文部科学省は福島の児童に年間20ミリシーベルトまでの被曝を強要しています。
ただし、これは外部被曝だけですから、呼吸などからの内部被曝の分は含まれていません。
内部被曝に関しては、子供は大人の4倍以上の感受性があると言われており、この4倍の値+
外部被曝量=5倍、ということになります。

文部科学省の計算方法も、最初に「その範囲内にとどめたい」という意図がありますから、3.8マイクロシーベルト/時以内、という数字が基準となっています。
「始めに結果ありき」ですから、無理矢理、屁理屈をつけて、正当化しようとしているだけです。

この3.8マイクロシーベルトという数字自体が茶番であることは、ちょっと計算すれば分かります。

20ミリシーベルト/年間=20000マイクロシーベルト/年間
1日当たりは 20000÷365=55マイクロシーベルト/1日
1時間当たりは 55÷24=2.3マイクロシーベルト/1時間 

しかし、文部科学省は1時間当たりの空間線量率を2.3マイクロシーべルト/1時間ではなく、
3.8マイクロシーベルト/1時間まで容認しているのです。

これは、外で遊ぶ時間、教室内にいる時間、自分の家にいる時間と、それぞれ被曝条件が違うと、勝手な理屈をつけて、なんとしてでも3.8マイクロシーベルト/1時間にしないと、ほとんどの学校を休校にしなければならなくなってしまうからです。国のほうが、非常事態だから、という言い訳をして法令違反を犯しているのです。
国が法律を破っているのです。

これは国際放射線防護委員会(ICRP)が、「非常事態の場合は20ミリシーベルトまで容認してよい」と政府に進言したことがきっかけとなっています。

政府は、渡りに船とばかりに、何も考えないでICRPの提案を受け入れただけでなのです。
本当に文部科学省は何も考えていないのです。これは驚くべきことです。

マップを見ると分かるのですが、むしろ遠く離れた福島市、郡山市、二本松市、伊達市などで5~6マイクロシーベルト/時という高い値を示しています。
これはホットスポット現象です。
死の灰が降り注いで地面に沈着してしまったのです。

ヨウ素131は、半減期が8日ですからほとんど残っていないと思われますが、セシウム134、セシウム137などは、
もう取れません。
セシウム137の半減期は30年ですから、土を全部入れ替えない限り、芝生の上で寝転んだり、腰掛けたり、
素手で土を触るようなことも危険です。
また、セシウムは軽いので、いったん土に沈着したといっても、風に舞って、再び空気中に飛散します。

人口の多い福島の中心的な都市部のほうが放射線量が多いのですから、深刻です。

福島市の皆さん!現実を直視して今すぐ行動を起こしてください!!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。