この国の行方

「この国の行方」・・・さまざまな情報を発信いたします。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには「明るい話」も欲しいところ?:放射能除去法の話


Category: 東日本大震災   Tags: ---
井口博士のブログより転載(2011年5月22日) 
 http://quasimoto.exblog.jp/

みなさん、こんにちは。

最近はいよいよ関東の人々も自分たちが「死の灰」の餌食になっているということを認識してきたようですナ。そのせいか、悲観的、絶望的論調が主流となってきたようである。要するに、「暗い話」や「暗い未来」ばかり、あるいは「予測出来ない将来」ばかりが強調されるご時世になったということである。

そんなわけだから、たまには「明るい話」や「明るい未来像の話」も必要だろう。今回はそんなものの1つをメモしておこう。

まあ、こんな話をすると、その手柄が全部「死神」菅直人と40人の盗賊たちに盗まれてしまうだろうが、連中はアホだからきっとよくわからないだろう。

さて、今現在、東大の学者、特に物理学者も少しは放射能の問題をちょっと考えるようになったように見えるが、相変わらずの「唐変木」の「脳天気」である。9割方は、未だに「死の灰」の中で自分の狭い専門分野にしがみついている。だから、連中は死ぬまで自分の研究から離れることは無いだろう。この心理状態は死ぬまで離れることが出来ない福島の被災者たちと同じである。実に良く似ている。物理学者しか放射能問題の真の解決が出来ないにもかかわらず、東大出身の学習院大の田崎博士など、これからじっくり時間を書けて勉強しますなどと悠長な発言をしている有様である。

結論からいうと、この世界には「すでに放射性物質を人工的に物理学的手法で核変換させて無毒化するという科学技術は存在している」ということなのである。原理的にはそういうことが既存の科学技術力で可能だということである。
 
 しかし、今世の中を悪くして人口削減し、世界支配を目論む連中の手によって隠蔽されて来たのである。アメリカのロックフェラー皇帝一族がそういう新技術を封印してきたのだ。などと言えば、実に怪しい雰囲気がただよい、ちょっと信じ難い気分になるだろう。「怪しい陰謀論」のような感じに聞こえるだろう。

 しかしながら、大筋ではそれは事実である。放射能研究、中でも、放射能の除去の研究は米軍内の極秘研究としてしか集中的にはなされて来なかったのである。軍隊の研究なのだから、それは当然トップシークレットである。他国に知られたら困るわけだよ。だから、研究成果は絶対に外に出さない。

ところが、アメリカには変わった人が生まれる。バックミンスター・フラーもそうだが、権威など糞食らえで好き勝ってに研究し大発見してしまう連中も少なからずいるのである。おそらくバイキングの持つ良い側面なのだろう。人を支配する欲が強い半面、逆に他人に支配されるのを極度に嫌うのである。

こういう人物の中に、例のポール・E・ブラウン博士やトム・ベアデン(Tom Bearden)博士などがいるのである。
当然ながら、ブラウン博士は度重なるロックフェラー系の諜報機関であるNSAの脅迫にあい、最後には殺害されてしまったらしい。一方のベアデン博士には「マッドサイエンティスト」の称号を与える工作をして、学会から追放されてしまい、今では個人的に研究しているという話である。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

ジョン

Author:ジョン
To be or not to be.

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。